シャルケの引き抜きに遭ったアウグスブルクはダルムシュタット指揮官を引き抜き

写真拡大

▽アウグスブルクは2日、ダルムシュタットを指揮していたディルク・シュスター監督(48)を新指揮官に迎えたことを発表した。契約期間は2019年6月までの3年間となっている。

▽アウグスブルクでは同日、4シーズン連続でクラブを残留に導いてきたマルクス・ヴァインツール監督がシャルケに引き抜かれたことを発表していた。

▽一方、2012年12月からダルムシュタットの指揮官に就任したディルク・シュスター監督は当時3部に在籍していたクラブを2014-15シーズンにトップリーグへ昇格させ、2015-16シーズンはブンデスリーガで14位に導き、残留を果たしていた。