過疎の村にある「山奥の喫茶店」が人気を呼ぶ理由 店主の信念とは

ざっくり言うと

  • 宮城県登米市の山村にある「coffee iPPO」が開店6周年を迎えた
  • 典型的な過疎地だが、多い日だと1日100人のお客さんがやってくる
  • 店主は「良いものを提供すれば、場所は関係ない」という信念を持っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング