5月26、27日に開催された伊勢志摩サミットにおいて、報道陣の情報発信拠点である国際メディアセンターに設置された政府広報展示スペースでは、日本のものづくり技術を世界にPRすべく、国産ジェット旅客機「MRJ」やロボットなどの技術が紹介されました。

そのなかでトヨタ自動車は、世界が抱える課題を解決する技術として、生活支援ロボット「HSR」(Human Support Robot)を展示しました。

1

このロボットは家庭の中で人と共存し、より豊かな生活を支援するホームロボットとして、様々な家庭での生活支援と生活の質の維持・向上を目的に開発されています。

「小型軽量」、「安全・安心」、「簡単操作」の3つの特徴を備えており、離れたところにある棚から物を取ったり、床に落ちた物を拾い上げたりすることが可能。

動画を見るにはこちら

また、外部からネットワークを介してロボットをリモートコントロールしたり、ロボットを通じて外出先から家の中の様子を見たり、家の中の子供や高齢者などの様子を見守ることもできるそうです。

それらを実現するために、適度な柔軟性を持つ独自構造の二指ハンド、物体認識・把持計画機能、環境認識自律移動機能、リモートコントロール機能、リモートモニタリング機能、リモートコミュニケーション機能などが投入されています。

トヨタ自動車によると「HSR」は、手足が不自由な方を支援するための生活支援ロボットで、横浜市総合リハビリテーションセンターの協力のもと、実証実験を通じて利用者の視点をフィードバックしながら開発を進めているそうです。

 

同社は今後も少子高齢化社会に向けて、幅広い生活をサポートするパートナーロボットの研究開発に取り組んでいくとしています。

(Avanti Yasunori ・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

トヨタが開発するウェアラブルデバイス「BLAID」とは?
http://clicccar.com/2016/03/21/360778/

トヨタの自動走行車は「気持ちが通ったパートナー」に!
http://clicccar.com/2015/10/08/331845/

カニ走りや自転も可能な変身型ロボットEV登場!
http://clicccar.com/2015/05/21/308328/

モバゲーのDeNAが「ロボットタクシー」事業に進出!
http://clicccar.com/2015/05/20/307957/

ロボット宇宙飛行士「キロボ」が1年半ぶりに地球帰還!
http://clicccar.com/2015/02/13/293343/

トヨタ自動車、伊勢志摩サミットで生活支援ロボットをPR!(http://clicccar.com/2016/06/03/374432/)