2日、英紙ガーディアンはカナダを訪問中の中国の王毅外相が中国の人権問題を指摘したカナダ人の記者に激高したと報じた。この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月2日、英紙ガーディアンによると、カナダを訪問中の中国の王毅(ワン・イー)外相が、中国の人権問題を指摘したカナダ人の記者に激高した。

王外相は1日、カナダのディオン外相と会談した後、共同記者会見を行った。カナダ人の記者がディオン外相に向けて、中国には人権問題や南シナ海の領有権問題があるが、カナダはなぜ中国との関係を強化しようとしているのかと質問した。ディオン外相は、会談ではそれらの問題について「誠実で率直な」話し合いを行ったと述べた。王外相は記者に対して、「あなたの質問は中国に対する偏見と傲慢さに満ちたものだ」と批判し、「中国の憲法に人権保護について書かれていることを知っているのか」と述べた。

この報道に、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。

「人権問題を抱えているのは中国だけなのか?内部告発者が迫害されていることは?グアンタナモ収容所は?日本の自白強要はどうなんだ?」

「神経を逆なでしたんだね?」

「王外相は上司の面目を守るという任務を行っているだけだ。中国に存在しない人権問題について彼が共感することなどできない」

「可能な限り中国製品を避けるべきだというちょうどいい理由になるな」

「その記者は中国にいなくて良かったね。もし中国にいたら、1年ほど失踪した後、革命を起こそうとしていたと自白する様子がテレビで放映されるだろう」

「傲慢だって?中国は謙虚なのか?自国のことを棚に上げて他国を批判している」

「記者の質問はディオン外相に向けたものだった。だが、王外相は冷静さを失ってしまった」

「真実とは傷つくものだね、王外相」(翻訳・編集/蘆田)