2日、参考消息網によると、米ニューヨークのダンキンドーナツの店舗で中国系の客に対する差別的な言動があったという。写真はダンキンドーナツ。

写真拡大

2016年6月2日、参考消息網によると、米ニューヨークのダンキンドーナツの店舗で中国系の客に対する差別的な言動があったという。

中国系のShihさんによると、5月30日に1歳の息子とベビーシッターと一緒にクイーンズのダンキンドーナツを訪れ、ドーナツを注文すると、店員はShihさんの英語の発音をからかうように「はい?なんですか?」と繰り返し聞き返してきたという。Shihさんが商品を指差して「あのチョコレートのドーナツを」と頼むと、店員は「商品名を完ぺきに言ってください」と言った。

Shihさんが「どうして言わないといけないの?何を注文したかわかっているでしょう?私を笑いたいだけなんでしょう?」と聞いても、「注文するなら商品名を」の一点張り。店長を連れて来るよう求めると、「店長は不在」だと言い、店員の名前を聞くと名札を指差して「これが名前です。読めますかあ?」とからかったという。

Shihさんが携帯電話を取り出して撮影しようとすると、店員は笑うのをやめた。さらに、近くにいた客もShihさんに侮辱的な言葉を浴びせ、「ダンキンドーナツの店員さんの態度が気に入らない中国人女性です」などと警察に通報したという。Shihさんがダンキンドーナツの公式フェイスブックに事の顛末を書き込むと、ダンキンドーナツは1時間も経たずに「直接連絡を取り合いたい」と返信した。

米国では先日にも、中国人留学生が民族差別的な言葉を浴びせられ、暴行を受ける事件が起きており、現地の華人の間で不満が高まっている。(翻訳・編集/北田)