中国鉄路総公司の盛光祖社長はマレーシアのナジブ首相との会談を翌日に控えた24日、同国メディアの取材に答え、「安全こそ高速鉄道の基本的要求。中国の鉄道は絶対に安全で信頼できる」と述べた。写真は中国の高速鉄道。

写真拡大

中国鉄路総公司の盛光祖社長はマレーシアのナジブ首相との会談を翌日に控えた24日、同国メディアの取材に答え、「安全こそ高速鉄道の基本的要求。中国の鉄道は絶対に安全で信頼できる」と述べた。

盛社長は自ら代表団を率い、23日にマレーシアの首都クアラルンプールに到着した。同国のナジブ首相を表敬訪問して、クアラルンプールとシンガポールを結ぶシンガポール−マレーシア高速鉄道プロジェクトの受注にはずみをつけたい考えだ。

盛社長の代表団は、中国中車株式有限公司、中国交通建設株式有限公司、中国鉄建株式有限公司、中国鉄路通信信号株式有限公司、中国輸出入銀行、中国投資有限責任公司など、少なくとも6企業の責任者をともない、中国高速鉄道プロジェクト分野の設計、建造、運営、資金調達といった各方面の関連機関の関係者も含まれている。

このプロジェクトを受注するため、中国企業は全力を傾けている。シンガポールとマレーシアのクアラルンプールを結ぶ高速鉄道計画で、完成して運転が始まると、これまで鉄道で6時間あまりかかっていた両地域の移動時間がわずか90分ほどに短縮されることになる。中国鉄路総公司はこのプロジェクトを中国高速鉄道の海外進出の3つ目のシンボルとなるプロジェクトと考えている。1つ目はインドネシアのジャカルタ−バンドン高速鉄道、2つ目はロシアのモスクワ−カザン高速鉄道だ。

シンガポール−マレーシア高速鉄道への投資額は745億元(約1兆2594億円)と見込まれており、巨額の投資をめぐって各方面が激しい争奪戦を繰り広げている。入札には、高速鉄道プロジェクトでこれまでもたびたび競争してきた日本の企業をはじめ、韓国や欧州の企業も参加する。盛社長はマレーシア訪問2日目、「中国の鉄道技術は先進的で、安全で信頼でき、コストパフォーマンスは高く、建設ペースは速い。中国は技術や経験の優位性によってこのプロジェクトを勝ち取りたい」と述べた。

中国の最大のライバルはやはり日本。東南アジアの高速鉄道を研究する万里常安海外リスク研究院の黄日涵院長は、「日本に比べて、中国の高速鉄道技術は全面的で、比較的安い建設費にも高い競争力がある。こうした要因は入札にプラスだが、日本とマレーシアやシンガポールなどの東南アジア諸国との長期にわたる複雑に絡み合った国交関係を考えると、変数もいろいろあり、単に商用運転の観点だけから考えることはできない」と分析する。

盛社長はナジブ首相との会談前日の24日、マレーシアメディアの取材に答え、「安全こそ高速鉄道の基本的要求。中国の鉄道は絶対に安全で信頼できる。これは国際鉄道連合(UIC)も認めるところで、過去10年間の世界の鉄道安全状況に関するデータをみると、鉄道の乗客死傷者指数で中国は最も低い。この指数は低ければ低いほど安全であることを示す」と分析した。

ここ数年、中国鉄道事業は急速に発展し、2015年末現在、中国の鉄道営業距離数は12万1000キロメートルに達し、うち高速鉄道は1万9000キロメートルで、世界の高速鉄道営業距離数の60%以上を占め、世界一となっている。また、海南島の環状高速鉄道は目下世界唯一の熱帯地域にある環状高速鉄道で、気候や地質環境はいずれもシンガポール−マレーシアの高速鉄道に似ている。(提供/人民網日本語版・編集KS)