盛る、じゃなくて、育てる。バストをきれいにするブラの選び方 #まとめ

写真拡大

女性のシンボルである、バスト。

大きさや色、形など、人それぞれだとわかっていても、つい人と比べてしまいます。

でも、そう感じているのは自分だけじゃないみたいです。

人には聞けないけど知りたい、バストの悩み

・大きさ、形、色。あなたの胸の悩みは?

盛る、じゃなくて、育てる

目指したいのは、丸くてつんと上を向いた、ぷりっとしたバスト。

じつは、成長期が終わったいまからでも、理想のバストに育てることはできるんです。そのためには、自分のバストに合ったブラジャーを選ぶことが大切。

・ぷりっと育て! ブラでバストを丸く高くする

ブラのつけ方で変わる、谷間クッキリむちむちバストのつくり方

・とにかく「寄せて、あげる!」今日からしたいバストアップ法を伝授

・志茂田景樹さんがブラジャーを着けてみて思ったこと

場面に合わせたブラ選びを

また、スポーツをするときには、専用のブラジャーでしっかりとバストを守ったほうがベター。

・運動時のバストの揺れ。有楽町で大人のスポブラ選び

さらに、寝るときだって、バストは動きます。普段なかなか意識しないからこそ、正しいケアをチェックしておきたいところです。

・バストアップに効果的なのは? 睡眠中のブラはこうするのが正解

自分をきれいに見せるブラを知る

機能性だけでなく、見た目にもこだわりたい。

いろいろなカラーのブラジャーを着てきたけど、一番自分を美しく見せてくれるのは、ベージュだって気づきました。

・ブラ何色? 白? 黒? ピンク? 実は...ベージュブラ最強説

「自分のバスト、大好き!」と言える人なんて、なかなかいないもの。

でも、理想のバストに近づくことができるかどうかは努力次第。自分の身体を少しでも好きになれるように、がんばってみない手はありません!

photo by Thinkstock/Getty Images

文/グリッティ編集部