1日、米大統領選の世論調査では、共和党の指名獲得を確実にしたトランプ氏の支持率が、民主党の有力候補クリントン氏に接近または上回る勢いを見せている。だが中国の壁紙製造会社が生産するトイレットペーパーの売れ行きではトランプ氏が圧勝だ。写真は米紙の報道。

写真拡大

2016年6月1日、米ビジネスメディアのクオーツによると、米大統領選の世論調査では、共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏の支持率が、民主党の有力候補ヒラリー・クリントン氏に接近または上回る勢いを見せているが、中国山東省青島市の壁紙製造会社が生産するトイレットペーパーの売れ行きでは、トランプ氏が圧勝だ。

この会社は今年2月中旬から、トランプ氏とクリントン氏を描いたトイレットペーパーをそれぞれ生産しているが、トランプ氏のものは50件、計5000個分の受注があったのに対し、クリントン氏はわずか8件だ。1個50セント(約54円)のこのトイレットペーパーの注文はほとんどが米国から届いているという。(翻訳・編集/柳川)