電子タバコの「副流煙」は有害か無害か?(shutterstock.com)

写真拡大

 ある調査報告を聞いて、ふと脳裡をかすめた疑問がある。「電子タバコについてはどうよ?」という素朴にして、その実あまり触れられていない「あれは有害か? 無害か?」の根本的な疑問だ。

 厚生労働省の調査によると、家族や職場の同僚らに愛煙家がいる場合、受動喫煙が原因で死亡する非喫煙者の推計数は年間1万5000人にのぼるという。前回2010年の調査結果=年間6800人が、ほぼ倍増である。

 その理由は、従来の肺がんや心筋梗塞などに加え、脳卒中や乳幼児突然死症候群にも因果関係があるとして加算されたためだ。厚労省は2020年東京オリンピックに向けて、「受動喫煙対策」を強化する方針だという。

 電熱線によって専用カートリッジ内の液体を霧状化し、その微粒子を紫煙の代替えとして嗜む電子タバコ(Vape)。ゆえに、吹かせば「喫煙(者)」であり、周囲は「副流煙」も浴びる。

 前者の被害例(頭痛・めまい・咳・アレルギー反応・喉痛・胸痛・やけどetc)は欧米各国で報告されているものの、後者の健康被害に関する報告は寡聞にして知らない。

 欧米主導で急成長してきた電子タバコ市場の規模は、2014年度で約35億ドル(約3500億円)、その約半分を米国が占めてきた(ユーロモニター調査)。

 今後、市場は2017年までに約100億ドル(約1兆円)に達し、2047年までに既存のタバコ市場を凌駕するだろうと予測する向きもある。

「タバコ感」の被害はいまだ究明中

 従来の製造タバコに比べ「微量」のニコチンしか含有しない電子タバコ。「第一世代」の登場期は、ニューヨークの専用バーが話題を呼んだり、当初は禁煙レストランでも利用できたのが条例で禁止扱いに転じたり、代替えによる禁煙成功例や節煙効果を謳う擁護報告もあった。

 ところが、「一部の粗悪な製品には」という前提で、世界保健機関(WHO)やアメリカ食品医薬品局(FDA)が毒性物質含有の可能性を警告。米国疾病管理予防センター(CDC)も「ニコチン依存の増大」や「(若年層を)喫煙に向かわせるリスク」などの懸念を表明。

 米国肺協会(ALA)もこれらの見解を支持するという、逆風の歴史が続いてきた。

 現在の製品群は「第三世代」と呼ばれているが、わが国ではここへきてようやくという感じで普及が著しい。

 しかし、昨年5月、厚労省が一部製品の蒸気から発がん性のある「ホルムアルデヒド」が認められたと公表。主にNHKの報道が飛び火して、「電子タバコ=有害性」という悪印象が、いまや巷間で伝播中だ。
タバコ芸人も溺愛トークする話題沸騰の「iQOS(アイコス)」

 電子愛煙家の増殖ぶりを強く印象づけたのが、テレビ朝日系の人気番組『アメトーク』の「最新・タバコ芸人」(4月28日放送)という企画だ。特集タイトルをそう掲げながら、内容自体はほぼ全編に渡って「iQOS(アイコス)」という製品への溺愛トークに終始した。

 マルボロ電子タバコ「iQOS」はフィリップモリス社が昨年発売を開始したヒットスティック型タバコで、開発費は実に2500億円とか。『アメトーク』の性格上、過去の「フリスク(=清涼菓子)芸人」特集と同様、決してタイアップ企画ではないだろう。

 iCOSは「煙が出ない」「灰が出ない」「火を使わない」「有害物質も少ない」、にも関わらず「タバコ感がある」という特徴を持つ。しかも、そこそこな値の張る商品なのに、話題沸騰で現在も品薄状態が続いている。

 今回の番組企画に際しては、放送前から「もっと買えなくなるので特集はするな!!」という愛煙家の悲鳴も多くネットに書き込まれていた。

 わが国の場合、日本たばこ産業が販売する「Ploom TECH(プルームテック)」が話題だ。法的には「電子タバコ」ではなく「パイプタバコ」という分類となる。

 3月上旬にお目見えし、福岡市の一部販売店及びオンラインショップで発売を開始した。たばこ葉が詰まった専用カプセルに、霧化したリキッドを通すことで味わう独自テクノロジーが売りだ。
 
 やがては製造タバコの市場規模を覆しかねないほどの勢いで急成長中の、この電子嗜好品。お笑い芸人たちが特集ネタにするほどの普及ぶりをみせる日本では、愛煙家自身や「受動喫煙」「副流煙」などの健康被害論議もこれからが本番をむかえるのだろう。

電車やバスでいきなり電子タバコを吹かしたら......

 実際、バスの同乗者がいきなり電子タバコを吸い始めて注意すべきかを迷ったとか、禁煙エリアでの賛否や考え方を問うネットの書き込みも最近は散見する。

 仮に「法的には問題なし」の電子タバコでも、「マナー上の責任が問われる」という悶着が今後はくり広げられるのだろうか?

 それにしても何故、電子という文明力に頼りながら、その筒状のかたちや「煙」の代替え感など前世期の遺品(=製造タバコ)に似せようとするのだろうか。非喫煙者にはどうでもいい些末な問題だが、その追体験への執着ぶりが面白い。
(文=編集部)