“バーディ流”でゴール目指す!! 岡崎「自分の世界に入ったもの勝ち」

写真拡大

 相棒から学んだ姿勢を示し、日本代表FW岡崎慎司がゴールを狙う。

 今季プレミア初制覇を成し遂げた岡崎が所属するレスター・シティの得点源は、イングランド代表にも名を連ねるFWジェイミー・バーディだった。序盤から得点を重ねたフィニッシャーは得点ランク2位となる24得点を挙げて、チームをプレミアの頂点へと導いた。

 岡崎は5得点に終わったものの、ピッチ上で相手選手を追い掛け回し、ハードワークを続けて守備でも大きく貢献しており、バーディとは役割が異なる部分もある。しかし、同じFWとして出場しているからこそ、「良くも悪くも、彼は自分の世界に入っているのが、一つの良さ」とバーディのFWとしての凄みも実感している。たとえ試合中に大事な場面が来ても「自分の世界に入っている」ため、「『これを外したらヤバい』というのが、頭をよぎらない。そういうのを感じないから思い切りが良い」と相棒を表した。

「僕も点を取っているときはそうですが、FWは自分の世界に入ったもん勝ち。それくらい自分の仕事に集中しなければならない。いわゆるエゴイストになっていると言われても仕方のないポジション。それくらいゴールに集中しないといけない」

 今回招集されたメンバーではFW金崎夢生とFW浅野拓磨がポジションを争うライバルとなる。「FWとして自分は前で張りたい」と強調すると、ポジションを「譲る気はない」ときっぱり。自身の存在価値を改めて証明するため、「次の試合ももちろんゴールを目指す」と明日行われるブルガリア戦でも結果を追い求める。

(取材・文 折戸岳彦)