150万円の「世界一安全」なスマホ、その鉄壁のスペック

写真拡大

軍隊が通信を保護するために使う技術やサイバーセキュリティーを手がける企業の技術を使った、「世界一安全」を謳うスマートフォン「Solarin」が発売された。価格は150万円。その驚きのスペックと製品の動画を紹介しよう。

「150万円の「世界一安全」なスマホ、その鉄壁のスペック」の写真・リンク付きの記事はこちら

「軍用並み」のセキュリティーを売りにした、価格9,500ポンド(約150万円)の高級スマートフォン「Solarin」が発売された。

ヴェンチャー基金で4,900万ポンド(77億円)の資金調達に成功した新興企業Sirin Labsが発売したもの。グーグルやSony Mobile社で働いていたタル・コーエンとフレドリック・ウイエルが同社を率いている。

9,500ポンドというSolarinの価格は、競合ブランド「Vertu」のハイエンド・スマートフォン「Signature Touch」の価格6,500ポンド(約103万円)に勝負を挑むものになる。想定されるユーザーは、「取り扱いに慎重を期すべき情報を多くもって世界を飛び回るビジネスパーソン」で、「使いやすさと品質、デザイン、どれにも妥協したくない人」だ。

Sirin Labsは、モバイルでの通話やメッセージ送受信のセキュリティー対策を専門とするKoolSpan社と提携して、「256 bit AES」による暗号化をチップ間で実現している。世界各国の軍が通信を保護するのに用いている技術だ。さらに、デヴァイスやネットワーク、アプリケーションをベースとしたいかなるモバイルサイバー攻撃をも防ぐとされる、Zimperium社の「Mobile Threat Protection」も使われている。

本体背面にある「セキュリティースイッチ」を押すことで、保護が有効になる。ボタンが押されるとSolarinはシールドモードに入り、完全に暗号化された通話やメッセージ送信が可能となる。

Solarinは今後、暗号化に焦点を絞ったSilent Circle社の「Blackphone」や「GranitePhone」、「BlackBerry」シリーズの各製品、サムソンのモバイルセキュリティー用ソフトウェア「KNOX」などと競争していくこととなる。

RELATED

セキュリティー以外の面では、「X10」 LTEモデムチップセット内蔵のクアルコム製プロセッサー「Snapdragon810」を搭載。Wi-Fiにも対応。LTEと互換性のある24バンドをサポートしているので、「グローバルフォン」になりうる。さらに、802.11acで2×2対応の「MU-MIMO」(Multi User Multi-Input Multi-Output:複数のアンテナと複数の搬送波を用い、複数のデータ送受信を同時に行なうことで高速化する技術)を利用することで、普通のスマートフォンの3倍の帯域幅を利用できる。4.6Gbpsでのデータ転送が可能な「WiGig」(60GHz帯の無線通信規格)もある。

カメラは23.8メガピクセルで、レーザー・オートフォーカスと「4色マルチトーン」フラッシュが付いている(前面にもフラッシュがある)。5.5インチの2Kスクリーンに、3つの低音強化スピーカーを搭載したサウンドシステムも備えている。

航空宇宙業界品質の金属系複合材でできたフレームが、チタニウムのパネルとCorning社製「Gorilla Glass 4」をつないでいる。

Solarinは2016年6月1日(英国時間)から、オンラインのほか、英国の老舗高級デパート「Harrods(ハロッズ)」と、ロンドンのメイフェアにあるSirin Labsの第1号店で販売される。