インディ500はモナコ・グランプリやル・マン24時間より歴史が長く、観客動員数でも世界ナンバーワンを誇るレースだ。今年は記念すべき第100回目の開催とあって大きな注目が集まり、指定席チケット約25万枚は前売りでソールドアウト。レースウィークエンドのホテルは街中も郊外もすべて予約でいっぱい。スピードウェイの隣のキャンプ場のスペースも売り切れて、ついには指定席ではない一般入場券までもがレースの1週間前には完売とアナウンスされた。

 5月29日は幸いにも雨の天気予報が外れ、照りつける日差しのもと、200周、500マイルの長く激しいレースが繰り広げられた。観客席は、出場ドライバーたちでさえ驚く超満員。30万を超す人々が詰めかけていた。

 インディカーの最高速は370km/hオーバー。レースでもコンスタントに350km/h以上を保って、一触即発のバトルが続けられる。今年はスタート直後から抜きつ抜かれつの凄まじいトップ争いが展開され、大観衆は歓声を上げっ放しだった。

 残り50周を切る頃から、スピードウェイの熱狂ぶりは更にヒートアップ。そして、思わぬウィナーが誕生した。アメリカ人ルーキーのアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・ハータ・オートスポート・ウィズ・カーブ・アガジェニアン)だ。まだインディカーで走り出して6戦目の24歳が、自身初となるインディカー・シリーズでの勝利をとてつもない大舞台で飾った。

 ロッシは今にも止まりそうなスピードでゴールラインを横切った。燃料が底をついていたのだ。満タンで走れるのは30周が限界と言われる中、彼は最後の給油から36周を走ってゴール。チームの大ギャンブルを成功させた。ゴール目前でピットに滑り込み、短い給油を行なったライバルたちは、ロッシに5秒ほど届かなかった。

 インディカーでの経験が非常に少ないロッシ。ゴール前の30数周の間、ピットからは無線による指示が飛び続けていた。ロッシは相手がチームメイトでも誰でも、とにかく前を走るマシンと同じラインをとり、背後にできる限り接近し、燃費を節約するため空気抵抗を減らして走り続けた。それでも、最終ラップの1周前のターン4(最終コーナー)で彼のマシンはガス欠症状に襲われた。残された燃料を使い尽くしてチェッカーフラッグの待つメインストレートに現れると、ロッシは失速するマシンのクラッチを切り、惰性でゴールラインを横切った。

 カリフォルニア州北部、州都サクラメント近郊で生まれ育ったロッシは、F1グランプリを目指してヨーロッパでGP3、GP2を戦い、2015年にはマノーマルシャF1チームから終盤の5戦に出場するところまで到達した。しかし、チームの体制変更などがあって、ロッシのレギュラーシート維持、F1へのフルエントリーという夢の実現はならなかった。

 F1残留の可能性を最後まで探っていたロッシがインディカーで走る決意をしたのは、もう開幕が間近に迫った2月だった。

 ロッシが走ることになったアンドレッティ・オートスポートは、マルチカー体制という新しい戦い方をインディカーの世界で確立したホンダ陣営のトップチーム。去年のホンダはシボレー相手に完敗を喫したが、今年はエアロキットの性能を向上させ、エンジンのパワーアップも実現してきた。

 オフの間からインディ500に向けたセッティングの研究を重ねたアンドレッティ・オートスポートは、プラクティス初日からマシンを非常に高いレベルに仕上げていた。いいマシンに乗ることができれば、クォリティの高い経験を短時間で積み重ねることができる。それが今年のロッシだった。彼は4人の経験豊富なチームメイトにも恵まれた。

 ロッシのピットで指揮を執っていたのは、チームの共同オーナーで、元インディカードライバーのブライアン・ハータ。彼はロッシが最後のリスタートを9番手で迎えた状況を見て、迷わず大ギャンブルに打って出た。

 オーバルでの超接近戦を行なってきた経験のないロッシが、9番手から優勝争いのバトルに絡み、経験豊富なライバルたちを打ち負かすシーンは想像しにくい。逆に、アクシデントでレースを終えるリスクの方が高いくらいだ。ハータは論理的に無給油作戦を選んだ。成功の可能性は小さかったが、賭けてみる価値は充分にあった。そのギャンブルの成果は、記念すべき第100回目のレースのウィナーとしての栄誉と、2億7000万円超の賞金だった。

 今シーズンのインディカー・シリーズは開幕から5戦目までシボレーが全勝。そして去年のインディ500もシボレーが圧勝している。今年はホンダにとってより厳しい戦いとなるものと考えられていた。しかし、歴史的レースで彼らは今シーズン初勝利を挙げた。

 レースを引っ張っていたライアン・ハンター-レイとタウンゼント・ベル(ともにアンドレッティ・オートスポート)が117周目のピットロードでぶつかって優勝戦線から脱落した時、ホンダの優勝はなくなったかに見えた。しかし、彼らにはまだまだ戦力が残されていた。163周目に佐藤琢磨(AJ・フォイト・レーシング)のアクシデントで出されたフルコースコーションの後、ゴールまで残り33周でグリーンフラッグが振り下ろされると、カルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)がついに本領を発揮した。

 勝負の時を待ち続けていたムニョスは、インディ500での優勝経験を持つトニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)、ジョセフ・ニューガーデン(エド・カーペンター・レーシング)らと争い、194周目にトップに躍り出る。196周には彼も給油のためのピットインを行なったが、カナーンとニューガーデンの前へとピットアウトした。レースリーダーの座はロッシが手にしていたが、彼がゴールまで走り切れるとは思えない状況だ。全力でチームメイトを追ったムニョスは、しかし4.4975秒届かずの2位となった。

 ロッシには、自らに勝利の目がなくなったチームメイトのハンター-レイという協力者もいた。彼が目の前を走り、燃費セーブのアシストをしてくれたのだ。ビクトリーレーンに立ったロッシは、「まだ自分たちがどうやって勝ったのかを理解し切れていないんだ」と戸惑っていた。

「作戦が見事だった上に、ハンター-レイが大きなサポートをしてくれた」(ロッシ)

 アンドレッティ・オートスポートは、優勝争いに生き残った2台がスピード勝負と燃費勝負という正反対の作戦を採用し、1−2フィニッシュを達成した。ロッシの勝利は作戦によるものでもあったが、不可能と思われた燃費を実現したのはロッシのドライビングでもある。チームメイトのアシストもあったが、彼が勝ったのは、それだけの力を備えていたからだ。レーシングドライバーにスピードが求められるのは当然だが、ゴールまで走り切る冷静さも必要だ。ロッシにはこの両方があった。

天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano