男性が三日三晩寝ずに製作したレゴ作品が、子どもにあっけなく壊されてしまった。

写真拡大

男性が三日三晩寝ずに製作したレゴ作品が、子どもにあっけなく壊されてしまった。北京青年報が伝えた。

【その他の写真】

教育機関で働く趙さんは、浙江省寧波市内にあるショッピングセンター・万達広場で行われていたイベントのために、三日三晩寝ずにレゴ作品を制作。作ったのはディズニーアニメ「ズートピア」に登場するアカギツネのニック・ワイルドで、計1万個以上のレゴブロックを使った大作だ。高さは約180センチで、その価値は約10万元(約170万円)に上る。

そのニック・ワイルドはロープで囲い、「触らないで」との表示を掲げて万達広場に展示されていた。子供たちが写真を撮りたい時は、触れないようにスタッフが見守る中、1人ずつロープの中に入ることができる。ところが、展示して1時間後、4、5歳の男の子が写真を撮っていた時にニック・ワイルドを押して倒し、粉々になってしまったという。

作品は接着剤で固定していなかった。その後、男の子の父親が趙さんの下に謝罪に来た。趙さんは非情に落胆していたが、「男の子はまだ小さい。スタッフもちゃんと見ていなかったため、私たちにも責任がある。弁償しなくていい」と、理解を示した。(提供/人民網日本語版・編集KN)