31日、タイ政府はマイカーで旅行に訪れる中国人観光客による交通事故が増加していることを受け、6月28日から中国ナンバー車両を対象に、陸路で入国した際の検問所を管轄する行政区以外への移動を禁止する新たな施策を発表した。写真はタイ。

写真拡大

2016年5月31日、タイ政府はマイカーで旅行に訪れる中国人観光客による交通事故が増加していることを受け、6月28日から中国ナンバー車両を対象に、陸路で入国した際の検問所を管轄する行政区以外への移動を禁止する新たな施策を発表した。参考消息網が伝えた。

香港・東方日報によると、中国雲南省からラオスを経由してタイ北部にマイカーで旅行に訪れる中国人観光客が増加し、交通違反や事故が相次いでいる。こうした状況を受け、自動車でタイに入国する場合は、対人賠償の自動車保険への加入のほか、タイの臨時運転免許証の取得も義務付けられていた。

地元メディアによると、中国人観光客は、北部のチェンライなどから入国し、南部のプーケットに至るまで、路上駐車して夜を過ごしたりしていることから、現地では治安悪化を心配する声も上がっている。(翻訳・編集/柳川)