写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は2日、新型「SLC」を発売した。ロードスターモデル「SLK」のデビュー20周年となる今回の新型導入を機に、メルセデスのロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせた「SLC」として刷新された。

新型「SLC」のラインナップは、1.6リットル直列4気筒直噴ターボを搭載する「SLC 180」「SLC 180 Sports」、2.0リットル直列4気筒直噴ターボ搭載の「SLC 200 Sports」、3.0リットルV型6気筒ツインターボを搭載する「メルセデスAMG SLC 43」の4モデル。

「SLC」のエクステリアは、ロングノーズショートデッキのサイドプロポーションと、センターにスリーポインテッドスターを配したダイヤモンドグリルによるダイナミックなフロントデザインが特徴。リアは刷新されたバンパーデザインとテールライトにより、ワイド&ローのプロポーションを強調している。

インテリアは上質な素材を用い、スタイリッシュでスポーティなデザインを特徴としている。ライト点灯時、センターコンソールやドアトリムに浮かび上がるアンビエントライトは、「ソーラーレッド」「ポーラーブルー」「ポーラーホワイト」の3色から選べるようになっている。

バリオルーフは、ルーフフレームにマグネシウム合金を採用し、大幅な軽量化と低重心化を実現。開閉はセンターコンソールのスイッチで操作し、約20秒で操作が行われる。停車時に開始した場合は約40km/hまで継続されるため、交差点などでの停車を利用してルーフを開閉を行うことも可能。バリオルーフはトランク内で自動的に展開するオートトランクカバー格納され、荷物がソフトトップにより汚れることを防ぐ機構も備えている。

「SLC 180」「SLC 180 Sports」「SLC 200 Sports」には、第3世代の直噴システムである「BlueDIRECT」テクノロジーを採用し、つねに最適な燃焼状況を作り出すピエゾインジェクターとスプレーガイド式燃焼システムなどにより、ゆとりある動力性能と高い環境性能を両立。トランスミッションは全モデルに9速オートマティックの「9G-TRONIC」を採用した。1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため、変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現する。

「メルセデスAMG SLC 43」は、メルセデスAMGが専用に開発した高出力のV6エンジンを搭載したほか、リニアかつクイックなハンドリング特性を実現するラック&ピニオン式のステアリングを採用。センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能な「AMGダイナミックセレクト」を採用し、トランスミッションのシフトプログラムに加え、エンジン特性、ステアリング特性、ECOスタートストップ機能が連動して変化する。

新型「SLC」の価格は、「SLC 180」が530万円、「SLC 180 Sports」が590万円、「SLC 200 Sports」が685万円、「メルセデスAMG SLC 43」が970万円(価格はすべて税込)。なお、「メルセデスAMG SLC 43」の納車開始は6月中旬頃を予定している。

(木下健児)