1日、中国陝西省にある北朝鮮レストランから脱出した女性従業員3人が韓国に入国したことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は従業員らが働いていた陝西省渭南市の火鍋店。

写真拡大

2016年6月1日、韓国・聯合ニュースによると、中国陝西省渭南市にある北朝鮮レストランから脱出した女性従業員3人が韓国に入国したことが分かった。

韓国・統一部は同日、「最近、第3国で勤務していた北朝鮮レストランの従業員らが韓国に入国したことは事実」と明らかにした。しかし、同部は「入国経路などの具体的な情報は話せない」と述べた。

聯合ニュースは今回脱出した女性従業員3人について、「いずれも平壌出身で、2人は29歳、1人は28歳」と伝えている。また、従業員らはタイにある脱北民収容所で韓国行きを待ち、航空機で韓国に入国した。女性従業員3人と共に、タイの脱北民収容所にいた別の脱北者らも韓国入りしたという。

これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「よく来たね。韓国は自由の国。そして女性にとっては天国のような国だよ」
「北朝鮮は『脱出した事実はない』と言っていなかった?(笑)」

「韓国入りを歓迎する。北朝鮮でたくさんつらい思いをしただろう。せっかく韓国に来たのだから、差別されることなく、幸せに暮らしてほしい」
「なぜただ脱出するだけなの?金正恩(キム・ジョンウン)政権を倒す勇気はないの?」

「早く朝鮮半島が統一され、彼女たちが北朝鮮にいる家族や友達に会えるといいな」
「政府が話せないことをメディアが暴露していいのか?」

「今後、『ヘル朝鮮(地獄の韓国)が嫌な人は北朝鮮に行き、北朝鮮が嫌な人は韓国に来い』ということ?」
「なぜ今になって脱出したのか?詳しく調べる必要がある」(翻訳・編集/堂本)