CESA、ゲーム業界に興味を持つすべての学生のためのワークショップを開催

写真拡大

コンピュータエンターテインメント協会は、就職先としてコンピュータエンターテインメント業界に興味を持つ学生を対象とした「第1回 プロから学ぶ!”はじめての”ゲーム開発インタ-シップ」の実施を決定し、CESA公式Webサイトにて参加申し込み受付を開始した。

「第1回 プロから学ぶ!”はじめての”ゲーム開発インタ-シップ」は、2016年8月22日(月)と23日(火)の2日間にわたり、ゲーム開発を行う上で「これだけは、知っておきたい」という仕組みを学び、実際にゲームデザイン制作の演習を行うもの。ゲーム開発未経験な方も参加可能なプログラムとなっている。

第1日目は、神奈川工科大学特任准教授・中村隆之氏を講師に招いての講義+演習「はじめてのゲームデザインフレームワーク入門」と「ゲームデザイン分析演習」を行う。

第2日目は、グループ単位でゲーム開発演習を行うワークショップとプレゼンテーションを実施。プレゼンテーション時には、コンピュータエンターテインメント開発会社を中心としたCESA会員企業が来場し、発表された内容について参加者と意見交換することで、第一線の開発現場の生の声を聴くことができる。

また、来場した開発担当者らにより、発表されたゲームデザインの発想などの斬新さを評価、投票し、得票上位3組を発表・表彰する。ゲーム開発未経験な人にとっても、実り多きインターンシップとなることだろう。

会場はパシフィコ横浜、定員は100名です。参加費は、無料(現地までの交通費・食費は、自己負担)。参加受付けは、Web申し込みフォームより必要事項をエントリーする。

詳細はCESA公式Webサイト( http://hr.cesa.or.jp/internship )を参照のこと。

■第1回 プロから学ぶ!ゲーム開発インタ-シップ』開催概要
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
日時:8月22日(月)、23日(火) ※2日間
会場:パシフィコ横浜 会議センター(横浜市西区みなとみらい)
内容:
1日目 講義+演習:ゲームデザインフレームワーク入門 13:00〜20:00、
2日目 グループワーク+プレゼンテーション 10:00〜20:00
概要:ゲーム開発をする上で『これだけは』知っておきたい!仕組みをプロから伝授。その上で、5-6 人でグループワークを行い、成果を発表する。
プロから学ぶ、ゲーム開発未経験な方へも、実り多きインターンシップとなっている。
参加資格:ゲーム開発に関心のある、大学生、大学院生、高等専門学校生、専門学校生
※学年は不問。※8月22日(月)・23日(火)の2日間とも参加可能な方
募集人数:約100人 ※応募人数が多数の場合、抽選。
応募方法:サイトのWeb申し込みフォームより必要事項をエントリー。
・http://hr.cesa.or.jp/internship
当選者には、7月15日(金)までに、通知いたします。
費用:無料  
※ただし、会場までの交通費、宿泊費に関しては自己負担。
申込期間:2016年6月1日(水)〜6月30日(木)
問い合わせ:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA) TEL:03-6302-0231 e-mail info@cesa.or.jp

■申し込みフォーム

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ついに「こち亀」40周年!テレビスペシャル番組をアニマックスで放送
・マテルから「ゴーストバスターズ」の製品が登場。コスプレできる「エレクトロニック・プロトンパック」も
・「サントリー自販機限定 完全描き下ろし 働く人の名作デジタル漫画」が当たるキャンペーンを実施
・「ソニー・エクスプローラサイエンス」で電子タグ「MESH」を使ったワークショップを開催
・フィギュア「ムービー・マスターピース」シリーズにヨーダが登場