自動運転技術のZMPは、「G7伊勢志摩サミット2016」の会場で自動運転によるロボットタクシーの最新車輌を用いた試乗デモンストレーションを実施しました。

1

今回の試乗デモンストレーションでは、スマートフォンで配車・解錠したロボットタクシー車両に乗り、目的地へ到着して決済が完了するまでの一連の送迎サービスを、世界各国から集まったメディア関係者向けに体験してもらった、ということです。

ZMP・ロボットタクシーでは、2020年にロボットタクシーのサービスを開始することを目指し、実証実験やシステム開発などを進めたいとしています。

今回のサミットでは、自動車メーカーや関連会社が自動運転のデモンストレーションを行っており、日本の自動運転技術を世界へアピールする舞台となりました。

(山内 博・画像:ZMP)

【関連記事】

ZMP、実証実験中の自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」を販売
http://clicccar.com/2016/03/08/358353/

国家戦略特区プロジェクト「自動運転タクシー」実証開始!
http://clicccar.com/2016/03/14/358394/

ZMPが「 G7伊勢志摩サミット2016」でロボットタクシーの試乗デモンストレーションを実施(http://clicccar.com/2016/06/02/375153/)