全国にはいろいろな観光列車が走っていますよね。テレビなどでも列車旅の特集が組まれることもあり「1度くらいはこんな旅行してみたいな」と思う人もいるのでは?

今回は数ある観光列車の中から、世代別によるいつかは乗ってみたい観光列車を紹介していきます。

■”女子部門”はグルメ関連が多い

1

2位に選ばれた”フルーティアふくしま”では、カフェをコンセプトにした列車。福島県産のフルーツを使ったスイーツを味わえるというのもあり、甘いものに目がない女子からの人気はとても高くなっています。

4位の”観光特急しまかぜ”ではカフェ車両があったり、5位の”丹後くろまつ号”ではFOOD EXPERIENCEをコンセプトにしており、沿線のこだわり抜いた食材を料理提供しているため、その地域ならではの日本食を味わうことができます。

■”ファミリー部門”は子ども向けタイプが人気

2位に選ばれた”黒部峡谷トロッコ電車”はその名の通りトロッコをモチーフにした列車。日本一深いV字峡谷を走行するため、普段なかなか味わうことができない自然のスリルを体験することができます。さらに3位には子どもに大人気の”アンパンマン列車”がランクイン。5位の”旭山動物園号”では車内もまるで動物園のような空間となっており、子どもだけに限らず大人でも思わずテンションが上がってしまいそうです。

■”シニア部門”は豪華列車タイプが1位

1位に選ばれたのは豪華な内装がまるでホテルのような空間を演出している”なつ星 in 九州”です。チケット倍率もとても高く、1流のサービスを味わえるのが魅力的な列車。

また、5位には”富良野・美瑛ノロッコ号”がランクイン。富良野の名物でもあるラベンダー畑を車内から一望できるという、まるで夢のような空間を楽しむことができます。

それぞれの部門によって乗ってみたい列車は様々です。列車旅というと非日常な世界を味わえますし、1度体験してみたいですよね。

(鈴木 唯)

いつかは乗りたい憧れの観光列車は?(http://clicccar.com/2016/06/02/374376/)