1日、安倍首相は来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2年半延期すると表明した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年6月1日、ロイター通信によると、安倍首相は来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを2年半延期すると表明した。

安倍首相は1日の記者会見で、来年10月に予定していた消費税増税を延期すると表明した。延期の期間は2年半と述べ、2019年10月に増税を実施するという。安倍首相は、アベノミクスは順調に成果を出していると主張し、世界経済を取り巻く環境が予想を超えるスピードで変化しているため、リスクに備える必要があると説明した。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「日本の未来はとても暗いものだな」

「円は過大評価されていた」

「(カナダの)トルドー首相が来日して、不景気になっている!」

「わあ、オバマ大統領が訪問して日本経済は後退している」

「オリンピックに間に合うね。外国人観光客や日本人はその時期に消費できる」(翻訳・編集/蘆田)