写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは1日、プレミアムコンパクトSUV「ディスカバリー・スポーツ」初の特別仕様車「ディスカバリー・スポーツ・7プラス・スペシャル・エディション」を発売した。最大7名の乗車が可能な「5+2シート」を標準装備する。

同特別仕様車は「ディスカバリー・スポーツ HSE」をベースに、最大7名の乗車が可能な「5+2シート」を標準装備とした。乗車人数や積載する荷物量に合わせてシートを2〜7名にアレンジでき、ラゲッジスペースは194リットルから最大1,698リットルまで変化する。

インテリアは、シーラス・グレインド・レザーシートもしくはアーモンド・グレインド・レザーシートの2種類から選択が可能。2つの充電対応USBポートをフロントシートに備え、2列目に8インチのスクリーンで映画など鑑賞できるリアシート・エンターテイメント・システムを搭載した。

ボディカラーは「サントリーニ・ブラック」と「コリス・グレイ」の2色展開で、ブラック仕上げのフロントグリル、フェンダーベント、19インチアルミホイールなどの各パーツを組み合わせ、精悍な外観としている。自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、オートマチック・ハイビーム・アシストといった安全装備を含むドライバーアシスト・プラスパックも採用している。

価格は649万円(税込)で、サントリーニ・ブラック、コリス・グレイそれぞれ50台ずつ、合計100台の限定販売となっている。

(山津正明)