写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは1日、限定車「208 スタイルプラス」を全国のプジョー正規販売網「プジョー・ディーラーネットワーク」で販売開始した。装備を追加しながら価格を抑えた限定車となっている。

今回発売された「208 スタイルプラス」は、エントリーモデルとしての装備を充実させながら価格を抑えたモデル。エクステリアは専用エンブレムやフロントドアステップガード、クロームドアミラー、スーパーティンテッドガラス、新しい16インチスチールホイールキャップを装備した。

インテリアには革巻きステアリングを採用。アクティブシティブレーキやバックソナーなどの安全装備も充実させている。ボディカラーは新色「ダーク・ブルー(メタリック)」を含む全4色をそろえた。

エンジンはベースモデルと同様、2015年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞した最高出力110PSのピュアテック1.2リットル3気筒ターボを搭載。6速オートマチックトランスミッションと組み合わせる。これらの大幅な装備追加を行いながら、価格はベースモデルの「208 スタイル」から3万円アップにとどまる220万円(税込)とした。

(山津正明)