2016年6月1日、ドイツ・シュトゥットガルトにおいて開催された「エンジン・エクスポ2016」でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの表彰式が開催されました。30カ国以上・63名のジャーナリストからなる審査員(日本からは、岡崎五朗氏、河村康彦氏、川端由美氏が参加)によって選出される同賞は、自動車業界で最も名誉ある賞ともいわれています。

1

その2016年、エンジン・オブ・ザ・イヤーにおいて、フェラーリが受賞数の新記録を樹立したのです。まず、Ferrari 488 GTB、488 Spiderに搭載される3.9リッター・V8ツインターボエンジンが、2016年の大賞を受賞しました。このV8エンジンは、パフォーマンス・エンジン部門、新型エンジン部門、さらには排気量3.0-4.0リッター部門においても1位となったのです。

さらに、排気量4.0リッター以上の部門において、F12berlinetta、F12tdfに搭載される自然吸気 6.3リットルV型12気筒エンジンも1位を獲得。ちなみに、このV12エンジンはパフォーマンス部門でも2位となっています。

なんと全12部門において、フェラーリ一社だけで5部門を制覇したというわけです。

新型エンジンにかぎらず、選ばれるエンジン・オブ・ザ・イヤーでは、それぞれの部門において同系エンジンが連覇するというケースも珍しくありません。たとえば2.0〜2.5リッター部門ではアウディの5気筒ターボエンジンが7年連続で1位になっているほどです。

果たして、フェラーリの連覇は続くのでしょうか。

なお、各部門において1位となったエンジンは次のようになっています。

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー:フェラーリ3.9リッターV8ツインターボ

1.0リッター以下部門:フォード998cc3気筒ターボ

1.0〜1.4リッター部門:PSA 1.2リッター3気筒ターボ

1.4〜1.8リッター部門:BMW1.5リッター3気筒-ハイブリッド

1.8〜2.0リッター部門:メルセデスAMG 2.0リッター4気筒ターボ

2.0〜2.5リッター:アウディ2.5リッター5気筒ターボ

2.5〜3.0リッター部門:ポルシェ3.0リッター6気筒ターボ

3.0〜4.0リッター部門:フェラーリ3.9リッターV8ツインターボ

4.0リッター以上部門:フェラーリ6.3リッターV12自然吸気

グリーンエンジン部門:テスラ フル電動パワートレイン

新型エンジン部門:フェラーリ3.9リッターV8ツインターボ

パフォーマンスエンジン部門:フェラーリ3.9リッターV8ツインターボ

【関連リンク】

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー公式WEBサイト
http://www.ukipme.com/engineoftheyear/index.php

 

フェラーリのエンジンが「世界最高」との評価を受賞!(http://clicccar.com/2016/06/02/376103/)