1日、先月末に北京市内で自動車事故を起こした俳優リー・イーフォンだが、その時の車の破片が早速ネット上で販売されている。写真はリー・イーフォン。

写真拡大

2016年6月1日、先月末に北京市内で自動車事故を起こした俳優リー・イーフォン(李易峰)だが、その時の車の破片が早速ネット上で高額販売されている。網易が伝えた。

【その他の写真】

人気イケメン俳優のリー・イーフォンが事故を起こしたのは、先月27日未明のこと。北京市朝陽区の幹線道路で、運転していた高級車のランボルギーニが橋脚に衝突した。幸いリー・イーフォンにケガはなかった。

この時に飛び散った車の破片が、早速ネット上で販売されている。破片はいずれも3〜5センチ程度と小さいもの。話題になっているのはその値段で、500元(約8300円)から1万5000元(約25万円)とあきれるほどの高額だ。

確認されている売り手は2人で、うち1人によると住まいが事故現場の近く。事故の翌日、現場に駆け付け拾い集めたものだという。破片はいずれも小さいため、「財布に入れて持ち歩ける」とPRしている。

人気スターの事故に商機を見いだしたこの行為には、リー・イーフォンのファンだけでなく多くのネットユーザーから、「良心のかけらもない」「金の亡者」「人としてダメだろ」などといった批判の声が向けられている。(翻訳・編集/Mathilda)