「もしかして、職場の女性に男として見られてない!?」と男性が感じる4つの瞬間

写真拡大

あまり職場で異性を意識しすぎると、仕事がやりにくくなってしまうものですが、全く異性として見られないのも、それはそれで悲しいものです。今回は社会人男性に、職場の女性に男として見られているか、本音を教えていただきました。

■恋愛話を平気でする

・「目の前で恋愛話をされたとき」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「恋愛の相談をされたとき。そういうのは同性同士でするのが普通だから、異性として見られていないのではと感じてがっかりしてしまう」(38歳/金融・証券/営業職)

・「同じ空間にいるのに、女性陣でデリケートな話をしだしたとき」(32歳/金融・証券/営業職)

一緒にいるときに恋愛話をされると、さすがに自分は男性として意識されていないと思いますよね。男性の意見を聞きたいならまだしも、スルーされていると悲しくなってしまうようです。

■下ネタを話す

・「下ネタを平気に話す」(38歳/情報・IT/営業職)

・「きわどい話を普通に振ってくる」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

下ネタをするのは、何も男性だけではないようですね。女性同士でいるときは、割と下ネタを話すこともありますが、男性がいる前では、あまりしたいとは思いませんものね。

■女性を捨てている

・「あぐらをかいて昼食を食べていた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「目の前で生理の話をしていた」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「休憩中に平気で化粧を始める」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

自分のことを男性として意識していたら、多少は女性らしい振る舞いをしてくれるのでは?と思う男性もいるようです。見られても平気!と言わんばかりの行動をされると、男性と見られているとは思えないですよね。

■そもそも男として見られていない

・「男として意識して見られていることが逆にない」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「舌打ちされたりしますので、男性としては見られていないでしょうね」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「私の周りに男っていないんだよね〜、と言われた」(33歳/電機/技術職)

そもそもが、自分のことを男性として見られていないと感じている人もいるようです。周りに男がいないなんて言われると、何も言えなくなってしまいますよね。

何も恋愛相手として意識してほしいわけではなく、男性として意識してほしいと思う男性は多いかもしれませんね。どれほど情けなく思える男性としても、やはりプライドはあるものです。露骨な態度をするのは避けておいたほうが良いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数89件(22〜39歳の働く男性)