画像

写真拡大

 エイジアは、電通ダイレクトフォースとの業務提携を発表。今後エイジアは電通ダイレクトフォースに「WEBCAS Auto Relations」をOEM提供し、電通ダイレクトフォースは自社ブランドのマーケティングオートメーション「DDF Auto Relations」の提供を開始する。

 エイジアは、電通ダイレクトフォースとマーケティングオートメーションを活用したメールマーケティング支援サービスの共同提供を目的に、業務提携したことを発表した。

 今回の提携は、エイジアのメールマーケティングシステムに関連する技術やメールマーケティング支援ノウハウと、電通ダイレクトフォースの総合的なダイレクトマーケティング支援ノウハウという互いの強みを生かし、新たなメールマーケティング支援サービスを共同で提供するため行われた。

 今後エイジアは電通ダイレクトフォースに対して、マーケティングオートメーション「WEBCAS Auto Relations」をOEM提供する。そして6月27日、電通ダイレクトフォースは、自社ブランドのマーケティングオートメーション「DDF Auto Relations」の提供を開始する予定となっている。

MarkeZine編集部[著]