韓国に6発快勝のスペイン、デル・ボスケ監督はユーロ3連覇に向けて「準備はできている」

写真拡大

▽スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督が、1日に行われた国際親善試合の韓国代表戦を振り返り、ユーロ2016制覇への自信を示した。スペイン『アス』が報じている。

▽ユーロ2016に向けて調整を続けるスペインは、オーストリアのレッドブル・アレーナ・ザルツブルクで韓国と対戦。30分にシルバのFK弾で口火を切ると前半だけで3ゴールを奪取。後半は1失点こそ喫するも、前半と同様に3ゴールを奪い快勝した。



▽試合後の会見でデル・ボスケ監督は、ユーロ2016に向けて順調に準備が進んでいることを強調。前人未到の同大会3連覇に向けて自信を深めた。

「終始、我々のペースで試合を進めることができた。最初のゴールを奪うまでに時間がかかったが、そこからは効果的に点を重ねることができたと思っている。ユーロが近付いているが、大会に向けて準備はできている」

「ただ、最終スコアは2チームの力の差を反映しているものではないと思っている。韓国はもっと良いチームであり、今日は我々が出来過ぎた」

「今は再びチャンピオンになることを夢見ている。我々は優勝候補であり、なによりもディフェンディングチャンピオンだ。多くのライバルがいるが、再び栄光を勝ち取れるか見てみよう」