<ザ・メモリアル・トーナメント 事前情報◇1日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,265ヤード・パー72)
 ジャック・二クラスのお膝元ミュアフィールド・ビレッジで行われる、「ザ・メモリアル・トーナメント」。2日(木)の開幕を控えてこの日はプロアマ戦が行われ、2014年大会チャンピオンで今大会も優勝候補に挙げられる松山英樹も開幕へ向けての準備を整えた。
松山英樹の頭を残したインパクト!後方からでも顔がしっかり見える
 この日のラウンドではショット後にたびたび手を放すしぐさが見られたが、ボールは高い精度でフェアウェイをとらえた。外から見た好結果ではなく、松山の中にある細かな感覚のすり合わせを続けているのはいつも通りの姿。ラウンド後は練習場で入念に打ち込んで時折笑顔も見せた。優勝候補としての期待に応える準備は整ったか。
 コースとの好相性も松山に期待が集まる要因だ。優勝を果たした2014年から昨年までの8ラウンドの平均スコアは68.875(70、67、69、69、64、71、71、70)でオーバーパーはなし。PGAツアー公式サイトの優勝予想で世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)らよりも高い評価を得たのもうなずける過去がある。
 予選ラウンドはマット・クーチャー、フィル・ミケルソン(共に米国)と同組。デイ、ディフェンディングチャンピオンのデビッド・リングマース(スウェーデン)組の1つ前で現地時間13時05分にティオフを迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第14回】
松山の今季のスタッツをチェック