オンキヨーと共同開発のサウンドを搭載

写真拡大

シャープは、4K液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」から55V型「LC-55XD45」を2016年6月10日に発売する。

「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」入力に対応し、「ULTRA HD Blu-ray」や「ひかりTV」、「NETFLIX(ネットフリックス)」などの4K HDRコンテンツを楽しめる。

高コントラストで低反射の4K液晶パネルで風景の奥行きや素材の質感まで感じられるリアルな映像を、画像処理エンジンで忠実に再現。独自のLEDバックライトシステムにより、低消費電力ながら従来比15%以上高輝度化する「リッチブライトネス」に加え、引き締まった黒や光の輝きを再現する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」などの高画質技術を搭載する。

オンキヨーと共同開発した高音質設計を採用。音の緻密さや定位感を自然に表現した、臨場感ある豊かな音空間を実現。サイドの独立型スピーカーボックスに内蔵したドーム型ツィーター、背面に搭載したサブウーハーが、それぞれ画面を包むように音を伝え、映像との一体感を生み出すという。

「デジタル3チューナー」を搭載し、別売のUSB外付けハード・ディスク・ドライブを接続すれば、番組を視聴しながら2つの裏番組録画が可能だ。