写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ENOVIAはPLMを超越した?
ダッソー・システムズ(ダッソー)は6月1日、年次イベント「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2016」の開催に合わせて記者説明会を開催した。同会では仏Dassault Systemsの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレス氏が同社の近況を説明。その後、同エグゼクティブ・バイス・プレジデント 最高戦略責任者のモニカ・メンギニ氏が、現在訪れている"エクスペリエンスの時代"ついて語った。

○ENOVIAが成長を牽引 - 「PDM、PLMの領域を超えている」

シャーレス氏はまず、2015年度の業績について言及。グループ全体では前年から売上が23%増加し、新規ライセンスが好調で成長を牽引した。ソフトウェア収入のうち30%は同社が新規産業に分類している建築・建設、消費財・小売、パッケージ製品、エネルギーなどの産業が占めた。地域別では、アジアでは中国がスローダウンしたが日本市場が成長したことにより12%と2ケタ成長を記録。北南米、欧州もそれぞれ14%、11%成長を達成した。

同社の順調な成長をもたらしているのがPLMソリューション「ENOVIA」で、同氏によれば受注率は75%をマークし、そのうち40%が他社製品からの乗り換えとのこと。シャーレス氏は「ENOVIAはPDM、PLMの領域を超えて今やビジネスアプリケーションとなっている。企業は製品とビジネスモデル両方のイノベーションが求められているが、技術的なイノベーションとビジネスのイノベーションをつなぐのがENOVIAだ」と同ソリューションの高い競争力を説明した。

●メンギニ氏が語る"エンジニアリングの時代"
○"エクスペリエンスの時代"ではデザイン=ビジネスプランの決定

シャーレス氏の後を受けたモニカ・メンギニ氏はダッソーの提唱する"エクスペリエンスの時代"について説明。

メンギニ氏は"エクスペリエンスの時代"に突入した現代では「ビジネスの管理、考え方を変えなければならない。製品だけでは差別化ができなくなっている」と語り、どのような製品を作るかではなく、消費者の生活にどのような影響を与えるのかという課題に取り組む必要があるとする。

さらに、"エクスペリエンスの時代"ではデザインというプロセスも変化し、「(エクスペリエンスの時代では)デザインとはビジネスプランを決定すること」なのだという。例えば、P&Gが提供している電動歯ブラシは通信機能を搭載しており、スマートフォンのアプリをダウンロードし、歯ブラシとスマホを接続することで最適な歯磨きの仕方をスマートフォンがガイドしてくれたり、毎日の歯磨きデータを記録・分析してくれる機能を有している。こうしたビジネスプランからの逆算で製品開発が方針付けられるというわけだ。

このほか、メンギニ氏は"エクスペリエンスの時代"では科学の発達によって材料の高機能化が進み、新たなエクスペリエンスが実現するとしたほか、製造においてはバリューチェーンおよびサプライチェーン全体を可視化する必要があるとする。また同氏は、マーケティングを経営プロセスの中に組み込むことも重要だとし、設計からマーケティングまで幅広い領域をカバーすることができるプラットフォーム(つまりダッソーの3Dエクスペリエンスプラットフォーム)の重要性を訴えた。

(神山翔)