ふっと懐かしく心地よい、日本の香りをまとう夏

写真拡大 (全3枚)

まとう匂いは自分だけでなく、わずかながら周囲の人に影響をあたえます。だからこそ自己中心的な香りは卒業したいものです。
そこで注目なのが、日本人にとって馴染み深い日本の植物をつかった香水です。
日本の植物が香るオーガニック香水

それは100%自然成分だけから作られ、全原料の95〜99%がオーガニック素材(オーガニック精油十オーガニックアルコール)の「ピュアトリートメントパフューム」。
その原料には橙や柚子、生姜などのなじみのある香りから、月桃や黒文字などの貴重な香りまで、さまざまな日本の植物の香りを使用しています。
だからこそ自分だけでなく、周囲の人にとっても、どこか思い出にふれるような匂いです。
色と香りがコラボした天然石入り香水

パフュームボトルは5種類あり、それぞれに色彩とアロマの効果がコーディネートされています。さらにボトルには、それぞれ月光と陽光をたっぷり浴びた天然石も入っています。
日本人により添う香りというだけでなく、色との相乗効果も期待できる、日本初の天然石入りオーガニック香水「ピュアトリートメントパフューム」。
心身がよろこぶ香りでチョイスするのはもちろんのこと、気になるカラーから選んだり、パフュームのメッセージを読んで、心に留まったメッセージで選んでもいいですね。
[トコトワオーガニクス]
Photo by Thinkstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。