31日、ロイター通信は中国英字紙チャイナ・デイリーを引用し、中国は来週開催される米中戦略・経済対話で、米国に対して南シナ海問題で圧力をかける見通しであると報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月31日、ロイター通信は中国英字紙チャイナ・デイリーを引用し、中国は来週開催される米中戦略・経済対話で、米国に対して南シナ海問題で圧力をかける見通しであると報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

チャイナ・デイリーは31日、中国当局者の話として、来週に開催される米中戦略・経済対話で、中国は南シナ海で米国が軍事的な存在感を強めていることについて、圧力をかける見通しであると報じた。米国からはケリー国務長官らが出席する。米国は、中国が南シナ海で実効支配を強めていることに対抗して航行の自由作戦を実施しているが、中国は米国の行動が挑発的だとして批判している。米中戦略・経済対話では、南シナ海問題のほか、朝鮮半島情勢についても協議する予定だという。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国は今のうちに行動しておいた方がいいよ。11月にトランプ氏が大統領に選ばれたら、中国は何も手に入れられないだろうからね」

「航行の自由作戦をさらに増やすべき時が来たようだな」

「中国は、まるで自分たちが被害者であるように見せかけようとしている」

「米国はヨーロッパと中東から軍隊を撤退させて、中国に注力すべきだ」

「米国は、敵である中国を核攻撃すべきだ!」

「まず核攻撃をしてから、質問をするなり交渉をすべきだ」(翻訳・編集/蘆田)