食事デートで終わらせない!次も誘われるための5つのポイント(photo by gstockstudio/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】「ご飯には誘われるけど、その次の誘いが来ない」。そんなことありませんか?逆に、「この前ご飯に行った人、しつこいんだよね」と友達が話してるのを聞いたこともあるはず。たった一回の食事デートが、その後の運命を決めることは少なくありません。では一体どこに違いがあるのでしょうか?

【他の記事を見る】男性が愛している女性にだけ無意識にやっちゃう5つのこと

♥肯定的で聞き上手


初めての食事デートの楽しみは主に会話。

お互いに知らない情報を探りながら、会話が盛り上がれば最高ですよね。

「私ってこんなところがあるんだよ」と、良い部分を知ってほしいのは相手も同じ。

相手の話に対して「すごい!知らなかった!」など、肯定的な受け答えをすることが大切です。

ただ、何でも肯定的に返事をしてると、「本当に思ってる?」「自分の意見はないのかな?」と彼に疑われてしまうかも。

そんなことにならないようにちゃんと自分の意見も持たないといけませんよ。

きちんと興味を持って質問したりするのも効果的。

会話のキャッチボールを意識しながら、相手の意見は出来る限り肯定的に受け止めましょうね。

♥さりげない手際の良さ


食事といえば、取り分け。

ただ、いかにも「今からサラダ取り分けます!」と張り切った感じではなく、さりげなさが大切です。

話の途中で料理が来たら、話を途切れさせることなく、「うん。うん」と返事をしながらサッとお皿を取って彼の分を取り分けましょう。

時折目を見て返事をしながら、お皿には彩り良く盛れたら完璧。

盛り付けが苦手な人は、最初に大皿で出てきた時のミニサイズを小皿に入れるつもりで取り分ければ、見た目も綺麗に取り分けられますよ。

その時に好き嫌いまで聞いてしまうと少しあざとさが見えるので、お店を選ぶ時や、お店に入った時に、あからじめ「好き嫌いはあるの?」とさりげなく聞けると◎。

また、飲み物の減り具合にも気をつけてください。

店員さんを呼ぶ際は、少し手をあげてニコッと愛想良く、「ありがとう」と丁寧な対応を心がけましょう。

♥女らしさとギャップ


どんなタイプの女性であっても、初デートでは女らしさが大切。

普段はさっぱり男勝りなタイプなら、服やメイクを女らしくしたり、会話の中で少し照れた仕草をしたら、その人にあった可愛らしさが出せるでしょう。

もともと女らしいタイプの人は、美味しそうにご飯を食べたり、たくさん笑うなど、少しくだけた感じを出すと、距離感が縮まるかもしれませんよ。

♥会話から次のデートの約束を取り付ける


会話の中で、話題のスポットや行ってみたいと思っていた場所などの話をしましょう。

「じゃあ次はそこ行こうよ」と言わせれば次の約束が出来ちゃいますよね。

相手の言った場所に「行ってみたいよね!」とのってみたり、「あれ楽しそうだよね、やってみたい」などでもいいでしょう。

デートを一回で終わらせないためには、デート中に次の約束を取り付けるのが一番ですよ。

♥デザート前に化粧直しする


彼とバイバイする時は、メイクもちゃんと直して可愛い顔で別れたい。

でも食べ終わった時にメイク直しをしてしまうと、そんなつもりはないのに「今の間に支払い済ませるべき?」と思ってしまう男性も。

一度払ってもらうと「出す」と言っても、男性は受け取りづらいです。

なので、デザートが出てくる前に化粧室でメイクを直しにいきましょう。

支払いの際は「また誘ってほしいから」と半分出すのが◎。

もし「出さなくていいよ」と言われたら「じゃあ次は私に奢らせてね、ごちそうさま」とちゃっかり次の約束をして甘えちゃいましょう。

いかがでしたか?

食事デートを楽しみつつ、次のデートへと繋げるように努力していきましょうね。

きっと5つのポイントを押さえれば、これっきりなんてことにはならないはずですよ。(modelpress編集部)