貞子の豪速球を伽椰子がカキン! 日本最恐の怨霊たちがカオスな始球式。

写真拡大

映画「貞子vs伽椰子」に出演する貞子、伽椰子、俊雄が6月1日、札幌ドームで行われたプロ野球・日本ハムvs.ヤクルトのファーストピッチセレモニーに登場した。

高校野球において毎年のように囁かれる言葉――「甲子園には魔物が棲んでいる」――しかし、魔物ならまだマシ。この日、ペナントを巡って白熱するプロ野球のグラウンドに、魔物よりも恐ろしい日本最恐の怨霊たちが降り立った。

札幌ドームでは、ホームチームである日本ハムを鼓舞するファイターズガールのダンスに場内が沸く中、突如、バックスクリーンのオーロラビジョンに異変が起きる。ノイズが発生し、徐々に映像は消え、やがて砂嵐状態に……。怯えたファイターズガールがグランドから去り、異常事態に観衆がザワつき始めると、ビジョンには画面から這い出てくる貞子の姿があった。慄く場内、そして泣き出す子供たち……。

その刹那、実体としてグランドに登場した貞子がグローブとボールを携えマウンドへ。続いて出現した伽椰子は金属バットを片手にバッターボックスに向かう。その傍には俊雄。場内DJにより、これから彼女たちが「ファーストピッチセレモニー(試合や始球式の前に行われるセレモニー)」として“野球対決”する旨が告げられると、観衆のボルテージは一気に沸点を超え、異様な盛り上がりを見せた。

日本人メジャーリーガー・前田健太ばりの“マエケン体操”を見せつけ伽椰子を挑発する貞子。ファイターズの人気選手・中田翔の尻振りルーティンを炸裂させて貞子に対抗する伽椰子。それをじっと体育座りで見つめる俊雄。札幌ドーム始まって以来、いや日本プロ野球始まって以来のカオスすぎる光景に、観衆のテンションは最高潮に達した。そして…、ついに…、その時が来たのだ…。

大きく振りかぶった見事なフォームから、呪いを込めた渾身の魔球を放つ貞子。それはまさかの豪速球だった。しかし次の瞬間、さらなる「まさか」が。どっしりとした構えから負けじと怨念を乗せ、豪快にフルスイングする伽椰子。果たしてそのバットは見事にボールを捉え、三遊間を抜けるクリーンヒットとなった。貞子が伽椰子に完敗――ビジョンに表示されたスピードガン(球速測定器)の数値は、時速96kmだった。

さらに衝撃は続く。すぐさま一塁に走ろうとする伽椰子。しかしわずか数歩でグランドにへたり込んでしまう。そう、彼女は本来、立って歩けないキャラクターなのだ(※うっかり本人も忘れていた!)。

しかし次の瞬間、伽椰子の背後から白い影が現れる。それは母親の代わりに一塁へ向かおうと全力疾走する俊雄。 彼のTシャツには「I ハート(LOVE) 伽椰子」の文字。札幌ドームに炸裂する怨霊の親子愛。そんな俊雄の姿を呆然と見やりながら、敗戦のショックでマウンド上にパタリと倒れこむ貞子。俊雄は一塁を踏むと、すぐに踵を返して母の元へ駆け寄り、親子水入らずで歴史的な大勝利を喜び合う。

衝撃の連続にどよめきの止まらない観衆をよそに、ファイターズのマスコットキャラクターに肩を借りながら貞子が退場すると、球史、そして映画史に残る、大狂乱のファーストピッチセレモニーは終了となった

映画「貞子vs伽椰子」は、6月18日(土)全国ロードショー。