めがね米

写真拡大

米を代表する「コシヒカリ」を生み出したことでも知られている福井県。中でも、「めがねの聖地」とも言われる鯖江市で、めがねをかけた人たちだけで育てたというユニークな「めがね米」が話題を呼んでいる。

【眼鏡の聖地鯖江発! 関係者みんな眼鏡の「めがね米」が話題の画像・動画をすべて見る】

生産農家、精米業者、販売者、揃って全員めがねという、「真面目な人たちが手塩にかけて育てたお米」というのがウリだ。

デザインは3種類で、あわせて「めがね米3兄弟」セットとして1500円(税込)で販売。中身はすべて一緒で、100%コシヒカリの無洗米だ。

関係者全員めがね! 真面目な「めがね米」が人気


画像はめがね米公式サイトより

販売に関わる人々/画像はめがね米公式サイトより


きっかけは、5月27日から29日にかけて、鯖江市で開催された「めがねフェス2016」。そこで出展されていたこの「めがね米」に注目が集まった。その日からTVやネットメディアなどに取り上げられ、大きな反響に。

フェス自体も、併催されていた「サバエメガネメッセ」と合わせて、3日間の来場者数は推計30,800人という大盛況。

めがねと言えば、2015年には、10月1日の「メガネの日」を記念して宮城県の萩野酒造が販売した「メガネ専用 萩の鶴 特別純米生原酒」も人気を呼んだ。

re300-1

「メガネ専用 萩の鶴 特別純米生原酒」/画像は「つじむら酒店」より



同じく、多くのめがね愛用者の胸を熱くさせたこの「めがね米」に興味を持った人は、吉祥寺にある「ハンモックカフェ マヒカマノ」や、ネットショップ「BASE」を利用して始まっているネット販売をチェックしてみてほしい。