「飯炊き仙人」こと村嶋孟さんは5月29日、中国のおいしいコメ探しの旅のスタート地点である遼寧省盤錦市を訪れた。そして自ら中国の人々にどうやっておいしいお米を炊くのかを伝授、その場にいた人々は多くの知識を学んだ。資料写真。

写真拡大

「飯炊き仙人」こと村嶋孟さんは5月29日、中国のおいしいコメ探しの旅のスタート地点である遼寧省盤錦市を訪れた。そして自ら中国の人々にどうやって美おいしいお米を炊くのかを伝授、その場にいた人々は多くの知識を学んだ。

盤錦のお米は中国でも数百年の歴史があり、中国や東アジア地域において非常に高い知名度がある。そのため、村嶋さんがどのように盤錦のお米を炊き上げるのか人々の期待は非常に高かった。この日、村嶋さんはその期待を裏切ることなく、会場で炊き上げたお米は人々に大変喜ばれただけでなく、彼のお米の炊き方に関しても、学ぶことが多かったようだ。

盤錦の旅を終えた村嶋さんの次の目的地は黒竜江省の牡丹江市。これからも彼の「銀シャリの旅」は続く。(提供/人民網日本語版・編集/TG)