31日、中国新聞網によると、日本の民間団体ABC企画委員会の代表が黒竜江省で行われた「日本からの平和の声」シリーズの出版座談会に出席し、「侵略戦争を反省することが日本人の急務である」と呼び掛けた。写真は侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館。

写真拡大

2016年5月31日、中国新聞網によると、日本の民間団体ABC企画委員会の代表が黒竜江省で行われた「日本からの平和の声」シリーズの出版座談会に出席し、「侵略戦争を反省することが日本人の急務である」と呼び掛けた。

【その他の写真】

同書は、数十人の中国残留孤児や人民解放軍に所属した日本人についての記録で、内容はすべて戦時中に中国にいた日本人自らが語った証言に基づくものだという。今回の座談会には、日本人の元人民解放軍兵士・山辺悠喜子さんやABC企画委員会代表の宮崎教四郎さん、同委員会事務局長の和田千代子さん、新潟大学非常勤講師の菊池実さんなどが出席した。

座談会の中で宮崎さんは、「私はあの侵略戦争を経験していないが、実際に経験した人の言葉を通じて、我々日本人は非常に大きな努力をもって反省しなければならないと感じる。現在、多くの政治家が侵略の歴史を認めていないことは非常につらく、私たちが続けてきた活動とはまったく相反する」と語った。また、「日中両国は古くから友好関係にある。戦争の歴史をさかのぼって反省することは、日本人の急務だと思う」とした。

ABC企画委員会は反戦運動を行う民間団体で、長年、日中各地で調査研究を行ってきた。「ABC」はそれぞれ核兵器、細菌・生物兵器、化学兵器の英語の頭文字から取っているという。(翻訳・編集/北田)