パッケージもスナック菓子の「おっとっと」そっくり

写真拡大

森永製菓の「おっとっと」は、発売以来30年以上人気を誇るロングセラーのスナック菓子だ。オリジナルは「うすしお」味だが、最近になってこれがアイスクリームとして再現された。しかも、味が「瓜二つ」、つまりアイスなのに塩味だという。

インターネット上では、スナック菓子の味の「再現度」が高いと大評判。編集部で早速食べてみた。

「口の中に残る風味まで、おっとっとそのもの」「再現度はすごいけど...」

1981年発売の「おっとっと」は、イカ、マグロ、ヒトデなどを模した一口サイズのスナック菓子で、クジラのマスコットキャラクターが印象的。青のり味、チーズ味などフレーバーも多種類出されてきたが、すべてスナック菓子だ。

ところが2016年5月31日、アイスになって登場した。パッケージデザインは「おっとっと」とほぼ同じだが、「うすしお味のミルクアイス」と書かれている。期間・数量限定という。

スナック菓子がアイスに大変身――。ネット上では発売当日から、実際に食べた感想が続々と寄せられた。注目すべきは味の「再現度」。「おっとっとアイスやばい めっちゃおっとっと」といった驚きの声が相次いでいる。一方で、「次はないかな・・・」「うん、ネタな味(笑)」などと、若干「ビミョー」な感想も。

J-CASTヘルスケア編集部でも購入した。20代男性記者に食べてもらうと、苦笑しながら「口の中に残る風味まで、おっとっとそのもの。追ってミルクアイスっぽい味も出てくるのがニクい」と言いつつ「1個は食べきれませんね」と返された。20代女性記者にも試食してもらったが、「再現度はすごいけど...どちらかと言えば美味しくない」とそっけない。

ちなみに筆者は気に入った。確かにアイスにするには、スナック菓子独特の塩気が効いていてクセが強い気がする。だが、ミルクの甘さと絡み合うと「あまじょっぱさ」が出てきて、これもアリだなと思わせた。

スナック菓子の味をアイスに再現した秘密を知りたい。16年6月1日、J-CASTヘルスケア編集部は森永製菓に問い合わせた。担当者は「SNSでも『珍しい』という声が出て、食べていただけているのはありがたい」と話したが、味の秘密に迫る話は明かされなかった。

販売しているファミリーマートの商品情報サイトを見ると「おっとっとと同じポテトフレーバーとシーズニングを使用し、おっとっとの味わいをそのまま再現しました」と書かれている。原材料には「チキンパウダー」「オニオンエキスパウダー」といった、スナック版「おっとっと」と共通のものが見られる。一般的なミルクアイスには見られないものだけに、アイス製造では型破りとも思える素材へのこだわりが開発上の鍵となっているのかもしれない。

別のスナック菓子はふりかけに

実は、森永製菓は以前も「同ブランドで別食品」を行っている。1975年に発売され、今も根強い人気のソフトキャンディー「ハイチュウ」をアイスにした「ハイチュウアイスバー グレープ&グリーンアップル」を、2016年3月14日から期間限定で販売した。発表資料には、凍った状態でも「ハイチュウの特徴である独特の柔らかな噛み心地を実現した」と、やはり「再現度の高さ」を際立たせる説明が書かれていた。食べた人からは「中が少しモチモチして、ハイチュウ感があり結構美味しい」「思ったよりハイチュウ」などと伝える報告がネット上で出た。

森永製菓以外では、企業をまたいだコラボレーションによるマルチ展開があった。菓子メーカーの湖池屋と乾燥食品メーカーのニチフリは、前者のスナック菓子「カラムーチョ」「すっぱムーチョ」を、後者の技術でふりかけ化。2015年2月に発売されたが、最近でも「カラムーチョの辛さとポテチの香ばしさが口の中に広がるけれど、ちゃんと白飯に合う」などの声が出ており、好評のようだ。両社は、16年1月には「スコーン」「ドンタコス」版のふりかけも発売した。

人気の高い菓子を、イメージを保ったまま新しい食品として開発する試みは、意外と少なくないようだ。