最新技術を駆使したハイブリッド車でル・マンの総合優勝を争う、トップカテゴリーのLMP1-Hクラス。メーカー系チームのポルシェ・アウディ・トヨタの3チームが参戦していますが、最新技術を駆使したハイブリッド車ってどんな車なの?と思っていたら、編集部に「トヨタWEC 技術説明会」の案内がきたとの情報が! 早速、ペンとノートを持ってお勉強しに行ってきました!!

1

■ハイブリッドシステム

LMP1-Hクラスの一番の特徴は、エンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムによる戦い。少ない燃料でいかに効率よく速く走るかがレースのキーポイントになってきます。

■ERS(運動エネルギー回生システム)

放出していたエネルギーを回生・蓄積し、必要時に電気モーターを動かすのがERS。ERSには、ブレーキング時のエネルギーを回生するERS-K(運動エネルギー回生システム)と、捨てていた排気エネルギーを回生するERS-H(熱エネルギー回生システム)の2種類があり、どちらか一方を必ず搭載しなければいけません(両方搭載も可能)。

3チームのうち、ERS-Kのみを搭載しているのがアウディとトヨタ。昨年のWECシリーズチャンピオンのポルシェはERS-Kと、今年はERS-H両方を搭載しています。また、エネルギーを蓄積するエネルギー貯蔵装置は3チームともリチウムイオンバッテリーを使用しているんだとか。

トヨタが今年LMP1-Hクラスで走らせるマシンは、TOYOTA TS050 HYBRID。ブレーキによるエネルギー回生(ERS-K)とリチウムイオンバッテリーを搭載したハイブリッドシステムで、なんと、私達が普段目にするプリウスなどの量産ハイブリッド車に近いメカニズムなんだそうです!

レースカーは市販車とは次元の違う、全く別のクルマというイメージでしたが、一部はレースカーに近いシステムってなんだか嬉しいですよね。もっとも、レースカーがレースで必要なパワーは市販車の60倍! その点ではやはり異次元ですが、レースカーが少しだけ身近に感じ、ますます応援したくなっちゃいました(^^)

■エネルギー放出量

LMP1-Hに参戦するメーカーは、4種類ある1周あたりのエネルギー放出量のうち、どれかひとつを選ばなくてはいけません。ここで難しいのが、大きな放出量を選ぶほどエンジンのエネルギー量が制限されること。各メーカーが、どの放出量を選ぶかが注目されます。ちなみに、ポルシェとトヨタは最大の8MJ(メガジュール、エネルギーの単位)を選択。アウディは6MJを選択しました。

ここまでくると、私の頭の中は???マークがいっぱい。8MJってどういうものなの?全く想像できません(汗)。そんな私の心をキャッチしたのか(?)、2012年からWECに参戦を開 始したTS030 HYBRIDのハイブリッドシステムを完成させたトヨタ自動車レー シングハイブリッド・プロジェクトリーダーの、モータースポーツ本部モータースポーツユニット開発部長村田久武さんがとても分かりやすく解説してくれました。

「ル・マンというのはコースが7つのセクターに分かれていて、セクター1つあたり1.14MJをモーターでアシストしているということになります。1.14MJは、2.4トンのミニバンが3秒で48メートル(ビルの20階)まで一気に上がるエネルギーです。クルマが1周走ってくる間に、7回も48メートルの高さまでクルマがゴンゴンあがるようなことをル・マンのレース中に行っています。ゲームのスーパーマリオみたいなことですかね(笑)。」

スーパーマリオ! 分かりやすい! マリオがびゅんとジャンプするイメージでしょうか。それにしても、ビルの20階までたった3秒で一気に上がることができるエネルギーを回生し、放出する技術は凄いですよね。驚きました。

また、WECのレギュレーションはレース車両のパフォーマンスを同じように保とうとしながらも、ハイブリッドシステムには選択肢を認めており、 各メーカーがどのような選択をするかもおもしろいところですね。

説明会後、村田さんに直接お話しを伺う事ができました。

 

Q.ル・マンに挑戦して優勝をするということは、何かに例えるとどういったことなのでしょうか? 例えば、エレベストの頂上に登るというものなのでしょうか?

A.そのとおりですね。ル・マンは世界三大レースの一つなので、レース界でいうと世界一。世界一になりたいですし、もっとも権威のあるタイトルをとりたいです。過去にル・マンで優勝している一流メーカーが多々あって、トヨタもそこに仲間入りしたいです。

Q.ここを見てほしい! というところはありますか?

A.ハイブリッド車でもスピードが出て、レースで戦えるというところを見てほしいです。クルマはただの移動手段ではなく、楽しむものであってほしい。レースで得た技術を市販車にいかし、お客さんが驚くような夢のハイブリッドスポーツカーを出すのが目標です。

Q.すばり、ル・マンでの勝率は?

A.今の段階では分かりません。でも、ポディウムの真ん中に立ったら泣いちゃいますね。

村田さん、ありがとうございました! 夢のハイブリッドスポーツカー、素敵ですね。ぜひとも実現してほしいです。

今回の説明会でLMP1-Hクラスで走るマシンやレギュレーションについて知ることができ、ますますル・マンが楽しみになりました。そして、トヨタのル・マンへの熱い思いが、ひしひしと伝わってきました。トヨタがポディウムの真ん中に立ったら、私も泣いてしまいそう・ ・ ・。ル・マン悲願の初優勝を目指して、頑張ってほしいです!

(yuri)

【Bonjour!ルマン女子vol.2】ル・マンで戦うノウハウを活かした市販ハイブリッドスポーツカーがトヨタから発売される?(http://clicccar.com/2016/06/01/374918/)