31日、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に出演しているドニー・イェンが、子どもたちが好きなのでオファーを引き受けたと語った。

写真拡大

2016年5月31日、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に出演しているドニー・イェン(甄子丹)が、子どもたちが好きなのでオファーを引き受けたと語った。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品「アンソロジー・シリーズ」の第1弾。今年12月16日に世界同時公開される予定で、中華圏からドニー・イェンも出演している。

このほど香港でインタビューに答えた。「ローグ・ワン」の追加撮影のため、間もなくロンドン入りする予定。なぜ追加されることになったのか聞かれると、「僕の演技がよかったからじゃないの?」とジョークを交えて語っている。

「ローグ・ワン」だけでなく、米アクション映画の「トリプルX」第3弾にも出演しており、これまで約10カ月間も香港を離れていた。愛妻家でよきパパとして知られるが、家族の元を長期間離れるつらい選択をした理由は、自分の子どもたちが「スター・ウォーズ」の大ファンのため。「トリプルX」は役柄が気に入ったこと、華人俳優の中から選ばれたことが、出演を決めた大きな理由だという。(翻訳・編集/Mathilda)