なんでもない日が一番しあわせ。Happiness is Everyday

写真拡大

My morning starts by waking up with M.

I hear a soothing melody. On good days, M will react to that sound and say "Good morning, Leo". I respond, "Meow" and lift my rested body from the basket. I take a long stretch, walk to M's futon, and she pats me on the head.

On bad days, like when it's raining or when she's tired, M doesn't wake up easily. She'll roll around and groan, "Nnnnnnnn~~". The melody rings again, but she still won't wake up. I try hitting her face with my paw. I would hear another "Nnnnnnn....", but her eyes remain closed. Then I try scrambling her hair but nope - doesn't work. So I go to my last resort. I get my claws out. I aim at her nose, and pull her nostril with one claw. "Aaaggghhhh!!!" says M, and she finally gets up. Mission accomplished.

M opens the curtains so we can feel the sunshine. A lot of light comes in, and I squint my eyes because of the brightness. M tries to put the futon away, but I stay seated on it. She says, "Leo, please", but I'm determined not to move until M brings over the wavy toy thing. As soon as she starts swinging it, I run, chase, and jump.

After I let M put away the futon, she puts her hands and feet on the floor and starts stretching her body. She breathes in and out heavily, and it looks very soothing. When I lie down on the floor with her, her face brightens up and she tells me, "Leo, today's going to be another good day".

I treasure each morning that starts like this.

When I finish eating my breakfast, it's time to go and patrol the apartment. Seeing that it's all clear, I go and sit in one of my baskets. Lately my favorite is the one on M's desk. She always tells me, "Leo this doesn't fit you", but I love it because I get to squeeze my body into it. As M types facing a big screen, I fall sleep next to her so I can be with her.

I sleep, and sleep. I often have dreams. About drinking clear water. About my mother grooming my fur. About the girl I met before M rescued me. About eating all the bonito I want.

When M goes out, I'm responsible to look after the house, so I guard it with my entire body. M feels safe leaving the house, because I'm home.

And when the sun sets, I hear M's footsteps. I dash to the entrance, and greet her right in front the door. M joyously says, "I'm home~!" so I get excited too, and follow her around, meowing.

Every day, M fills hot water in a huge square thing that's in a room with a door. She doesn't come out for a while, so I get worried and wait for her on the towel on the floor. I sometimes knock on the door, worried that something may be wrong and ask "Meow", but she just says, "I'm okay Leo". What the hell is she doing in that tiny room that I can't go into?

Nighttime is my favorite time of the day. M sits on the sofa, so I join her and sit right next to her. Whenever she rubs my fluffy tummy, it feels so nice that I close my eyes.

At the end of the day, M takes out the futon as usual. When I see this I go and scratch my claws, so I can get ready to chase the toy again. I love the thick, feather duvet - so when M swings the toy on there, I dive right in and go catch it. I sometimes do flips. When I catch the toy, M compliments me, so I feel proud.

Then, M turns off the light. I fall into a deep sleep, too. I always look forward to waking up the next day, when I fall sleep.

A day begins, and a day ends. And it feels so lovely, everyday.

That I can absorb the gentle rays of the sun. That I can eat when I want to eat. That I can run around as much as I like. That there's a place I can sleep in peace. That I can spend time with someone I love. That I can sense when M looks a little sad, or looks super happy. That I can sniff the scent of the rain, outside the window.

It's nothing dramatic. But each day that I spend like this, becomes a story that I cherish.

I think you have meowments like these, too. Sleeping tight at night. Eating delicious food. Having family and friends you love. And having someone who loves you dearly.

They're all part of your precious story. And because of the little meowments everyday, your heart is moved when something dramatic occurs.

Another day is about to begin.

Just look around - something fun is happening right in front of you.

ぼくの朝は、Mと一緒に始まる。

どこかからかきれいな音が聞こえる。その音に反応して、Mが元気な朝は、Mの方から「レオ、おはよう」と声をかけてくる。ぼくも「にゃあ」と答えて、眠っていたかごから起きる。ぐーっと伸びをしてから、Mの布団へトコトコと行き、頭をなでてもらう。

でも、雨の日やちょっとMが疲れている朝は、Mはすぐに目覚めない。ごろごろと転がっては「うぅぅ〜」などと言っている。きれいな音がまた鳴るけど、それでも起きない。そんなときはMの顔をぱしぱしとたたいてみる。また、「うぅぅ...」と聞こえるけど、まだ目を覚まさない。髪の毛をわしゃわしゃと前足でひっかいてみるけど、だめだ。そんなときは最終手段だ。爪をシャキンと出す。Mの鼻を目がけて、爪を一本だけ鼻の穴にひっかけて引っ張る。「うぁぁぁあ!」Mが叫びながらようやく起きると、ぼくは自分の役割をちゃんと果たしたことになる。

Mは、太陽の光を浴びるためにカーテンを開ける。光がたくさん入って、まぶしそうに目を細める。Mは布団を畳もうとするが、ぼくは動かない。「レオ〜」と言われても、Mがブンブン振るおもちゃを持ってくるまで、動かない。おもちゃが登場すると、ぼくはそれを追いかけて走り回ったり、飛んだりする。

Mは布団をしまうと、今度は足や手を床につけて、体を伸ばしたり、縮めたりする。深く息を吸ったり吐いたりしているのを見るとなんだか気持ち良さそうだ。ぼくも一緒に体を床にゴロンと横たえるとMはとてもうれしそうな顔をする。「レオくん、今日も楽しい一日にしようね」と言う。

こんな風に始まる朝が、大好きだ。

朝ごはんをすませると、ぼくは家の縄張りチェックをする。家のなかになにも異常がないことがわかると、大好きなかごに入って、眠る。最近いちばん好きな場所は Mの机の上のかごだ。「ねえ、それサイズ合ってないよ」とMには言われるけど、ぼくは体をもぎゅっ、と押し込めるのでとても気に入っている。そしてMがカチャカチャと大きな画面に向かって何かを打っている間、横にいてあげられるので、安心して眠ることができる。ただひたすら、眠る。

よく、夢を見る。美味しいお水を飲んでいる夢。お母さんに毛づくろいをしてもらっている夢。Mに拾われる前に道で出会ったあの子の夢。たらふくかつおを食べる夢。

Mが家の外に行くときは、ぼくは家を任されているので、この家を体を張って守る。ぼくが家にいることで、Mは安心して出かけることができる。

そして日が暮れる頃、遠くの方からMの足音が聞こえると、ぼくは入り口に向かってダッシュをして、扉のすぐ手前まで迎えに行く。Mはうれしそうに「ただいま〜!」と言うので、ぼくもうれしくなってMのあとをついていく。

Mは毎日、大きな四角いものにあったかいお湯を入れて、しばらく出てこない。心配なので、その部屋の扉の前に敷いてあるタオルの上でぼくはMを待つ。なにかあったら大変だと思い、時々扉を叩いて「にゃあ」と呼んでみるけど「大丈夫だよ〜」と言われる。一体、ぼくが入れない場所で毎日なにをしているんだろう。

夜は、ぼくのいちばん好きな時間だ。Mがソファの上でくつろいで座るとぼくもそこに行ってぴとっとくっついてみる。Mがふわふわのおなかをなでてくれるのは気持ちがよくて、目をつむってしまう。

一日の終わり。Mは、いつものように布団を出す。それが始まると、ぼくは爪を研ぎに行く。Mが出してくれるおもちゃを追いかける準備をするためだ。ぼくは羽毛布団が大好きなのでその上でおもちゃを振られると、それを目がけてぼふっとダイブする。ときどき、宙返りもする。おもちゃを捕まえたときはMもぼくをいっぱい褒めてくれるがとてもうれしい。

そしてMがぱちっと電気を消す。ぼくも、ぐっすり眠る。眠りにつくときは、次の朝に起きることがとても楽しみだ。

一日が始まって、一日が終わる。その繰り返しが、ぼくにはとても心地良い。

ぽかぽかの太陽の光をじんわりと感じられること。食べたいときにごはんが食べられること。めいっぱい体を動かせること。快適に眠る場所があること。大好きな人と一緒にいられること。今日はMがちょっと悲しそうだなとか、すごくごうきうきしてるなぁ、と感じること。窓の外の雨の香りをくんくん匂うこと。

ドラマティックなことが起きるわけでもない。でも、こんな風に過ごす毎日は、ぼくにとって大事な物語だ。

きっと君にもあるはずだ。夜ぐっすり眠れること。美味しいごはんを食べられること。愛する家族や友だちがいること。じつは誰かにとても愛されていること。

それは、ぜんぶ大事な物語の一部だ。そんな毎日があるから、ドラマが起きたときに心が思いっきり動く。

今日も、新しい一日が始まる。楽しいことは、目の前にあるよ。

撮影/catandthecityleo

あわせて読みたい

・トーキョーに住む猫の話。Cat and the City

・シンプルに生きたい? Wanna Live Simply Like Me?

・私このままでいいの? Can I Continue My Life Like This?

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram