今日からナッツ、はじめませんか?

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部

「ナッツ(木の実)」の栄養価をご存知でしたでしょうか?
爐匹鵑文果があるの?甅爐匹譴鯀べばいい?瓩覆鼻△泙世澗乎里覆た佑里燭瓩法∈Fはナッツの魅力をご紹介したいと思います。

ナッツは「美容」にも「健康」にも!

脂質、炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを含む、栄養バランスに優れたナッツ。
健康と美容に感心の高いモデルなどにも、愛用者が続出しているそうですよ。


一般的に「脂質とカロリーが高くて太りそう」というイメージもあるようですが、ナッツに含まれるのは、良質な不飽和脂肪酸。これは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことで動脈硬化を予防するといわれています。

また、ナッツに含まれる「ビタミンE」は強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、がんやアンチエイジングにも効果があるというのです。
適量を食べれば、体によい効能をたっぷり秘めた注目の自然食材なわけです。

手軽に買える、おすすめナッツ・ベスト3

中でも手に入れやすく、栄養価に優れたナッツと、その効果をご紹介します。

アーモンド


アンチエイジングに効果的、ビタミンEをたっぷりと含み優れた抗酸化作用があります。
体内で発生した活性酸素や老廃物などから細胞を守ってくれる働きもあるため、シミやシワの沈着を防ぐ、女性にうれしい効果が期待されています。

くるみ


オメガ3脂肪酸をナッツ類の中で最も多く含み、体脂肪が落ちやすくする働きもあります。生活習慣病の予防にはもちろん、ダイエット中にも最適というわけです。

高ピスタチオ


豊富に含まれたカリウムは、ナトリウム(塩分)を体外へ排出し、血圧を下げる効果も。また、硬い殻をはずしながら食べることで早食いを防止、少量でも満腹感を得ることができます。

選ぶべきは“素焼き”のもの!

さまざまな種類のナッツが出回っていますが、より良い効果を求めるなら、できるだけ自然の状態に近いナッツを選ぶように心がけてみましょう。

フライされて味付けされたものでは、カロリーが高くなるうえ、糖分や塩分の摂りすぎになることも心配されます。
とくにおすすめは素焼きの無塩タイプ。

摂取量はナッツの種類によって異なります。
アーモンドなら23粒、くるみは14粒、ピスタチオは50粒が目安となります。

朝食のシリアルやスムージーに入れたり、おやつにそのまま食べたりと、日常シーンに取り入れて、健康なカラダづくりに役立てみてはいかがでしょうか。