写真提供:マイナビニュース

写真拡大

英国のアストンマーティンは5月31日、2017年モデルの製品ラインナップにマニュアル・トランスミッション仕様の「V12 ヴァンテージ S」を追加すると発表した。1速ポジションはドッグレッグ・パターンとするなど、伝統に回帰しながらも走りを楽しめる仕様となっている。納車開始は2016年第3四半期を予定している。

同モデルは純粋な運転の喜びを求め、マニュアル・トランスミッションならではの操作感によるクルマとの一体感を望むユーザーに向けて発売される。ハイパフォーマンス・セグメントでマニュアル・トランスミッションがきわめて少ない昨今において、非常に貴重なモデルといえる。

新しいマニュアル・トランスミッションにはAMSHIFTが採用された。ドライバーによる選択が可能なこのシステムは、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジン・マネージメント・プログラムにより、ヒール&トゥによるシフトダウンを完璧に再現する。AMSHIFTはフルスロットル・シフトアップによる最高レベルのスムーズネスを実現するとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑える。

このマニュアル・トランスミッションは無償オプションとして設定され、ユーザーはオーダーの際、マニュアル・トランスミッションかスポーツシフトIIIのいずれかを選択できる。両仕様には、シャーシ、ブレーキ・パッケージ、6.0リットルV12エンジンなどに違いはない。0-100km/h加速3.9秒、最高速度330km/hというスペックも共通となっている。

(山津正明)