ダウンサイジング過給エンジンが増えています。その目的は環境性能(省燃費)とはいえ、やはり小排気量から大きな力を発生させるターボエンジンはエンジン各部に負担をかけるようです。

5月25日〜27日にパシフィコ横浜にて開催された人とくるまのテクノロジー展2016横浜(主催:自動車技術会)のNGKブースでは、そうしたダウンサイジング系ターボエンジンに合わせた専用スパークプラグのプロトタイプが展示されていました。

1

そのポイントは、スパークプラグの先端でL字型に曲がっている接地電極に大きめの貴金属チップが取り付けられている点にあります。

これまでも接地電極にチップを溶接して着火性を向上させるというタイプはありましたが、ターボエンジンの過酷な燃焼室ではチップの脱落も心配されるため中々普及していなかったといいます。

また、チップ自体の消耗も増えるため、サイズを大きくする必要があります。そうしてチップサイズが大きくなると、また脱落しやすくなるという悪循環だったのです。

NGKがプロトタイプを展示したターボエンジン用スパークプラグでは、接地電極のチップ径を1.0mmとNAエンジン用に対して太くしているのが特徴。それでいて、ファイバーレーザー溶接によりしっかりと溶接されているため、ターボエンジンにも対応できるようになったというわけです。

(撮影・文 山本晋也)

NGKのターボエンジン用スパークプラグは大チップを実現したのがポイント【人とくるまのテクノロジー展】(http://clicccar.com/2016/06/01/375033/)