<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇1日◇宍戸ヒルズカントリークラブ・西コース(7,384ヤード・パー71)>
 茨城県にある宍戸ヒルズCCで2日(木)から開催される、国内男子メジャー初戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の会場で、日本ゴルフ写真家協会による入札制のチャリティオークションが行われている。
【関連写真】ビッグスマイルを見せる永野竜太郎
 チャリティオークションブースには、ゴルフ写真家協会員のプロカメラマンが撮影した男子プロ達の写真80点がすべてサイン入りで展示されており、すべて入札制オークションで購入可能。池田勇太、片山晋呉、藤田寛之ら国内ツアーメンバーはもちろん、松山英樹、石川遼ら海外を主戦場とする選手の写真も手に入れることができる。
 売り上げは日本ゴルフツアー機構との協議の上、4月に発生した熊本地震の被災地などに寄付される予定となっている。また、ブースでは熊本県出身の永野竜太郎、重永亜斗夢の写真をメインに使った特製のクリアファイルも配られ、チャリティとは別で熊本地震への義援金も募る。
 クリアファイルにデザインされた永野は昨年大会で2位タイに入っており、今年も上位進出が期待される1人。今大会は2011年以来初優勝者が制していることも、注目度を高めている。「去年良かったから今年も上手くいくというイメージもないですけど、雰囲気とかコースはすごく良い。その中でいかに自分の持っているものを出せるか」。
 地元の被災地には未だ不自由な生活を強いられている方もいる。メジャーでの初優勝が何よりも地元へのエールとなることも十分にわかっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】キョンテ、6戦3勝で勝率5割!強さを支える14本は
オープンウィークにしかできない大事なこと【キム・ハヌルコラム第14回】
クラブ契約フリーの池田勇太も手にした『A DESIGN GOLF』を知ってますか?
ツアーで見つけた旬ギアネタ!【ミズノオープン編】