「アートアクアリウム展」東京・大阪・金沢21世紀美術館で開催 - 8,000匹の金魚が舞う水中アート

写真拡大

数千匹の金魚が泳ぐ水中アートの展覧会「アートアクアリウム展」が、2016年7月6日(水)より、大阪・堂島リバーフォーラムを皮切りに、東京・日本橋三井ホール、金沢・金沢21世紀美術館の全国3カ所で順次開催される。期間はそれぞれ、7月6日(水)から9月5日(月)、7月8日(金)から9月25日(日)、9月16日(金)から10月14日(金)まで。

東京・大阪会場で展示される金魚は各約8千匹と、これまでに1会場で展示してきた金魚の数では最大数となり、3会場で合計約2万匹の金魚が舞い踊る。そんなパワーアップした「アートアクアリウム展」の東京会場をレポート。新作を含めた数々の作品の中から、特に注目の4つを紹介する。

■超・花魁 <新作>
メインフロアでまず目に飛び込んでくるのが、10周年の目玉新作として登場する、代表作「花魁」の進化版「超・花魁」。「花魁」の水量の約3倍以上にもなる至上最大の作品だ。高さ2.5mの巨大な金魚鉢と、その周囲を囲む14の水槽が艶やかな照明と音楽に彩られる。何百匹もの艶めく金魚が、優雅に泳ぎ回る姿に目を離せなくなるだろう。

■ロータスリウム
夏の季語でもある「蓮」をモチーフとした約4mの高さの水槽。中央の花には大きな金魚たちが優雅に泳ぎ、その周りの水槽には、可愛らしい小さな金魚たちが。美しく儚いと言われる「蓮」と金魚が作り出す、可憐で優美な世界観を感じられる。

■リフレクトリウム
凹レンズ、凸レンズ、二重レンズなど、様々な見え方のレンズが水槽に取り付けられた作品。今回は、2016年7月16日(土)より公開となる映画『ファインディング・ドリー』との特別なタッグが実現し、ドリーとニモのモデルである、ナンヨウハギとカクレクマノミが水槽を泳ぎ回る。覗くレンズによって、拡大されて見えたり、ゆがんで見えたり、角度によって魚の様々な姿を楽しむことができる。

■手毬リウム
日本に古くからある遊具の一つ、手毬をモチーフにした球体の作品。中を泳ぐ金魚が、まるで色とりどりの手毬の模様のように目に映る。伝統工芸である、三重県・伊賀組紐とのコラボレーション作品だ。

なお、大阪会場では“宇宙”をテーマにした空間を披露する。東京・日本橋開催以外では初登場となる「インフィニトリアム」や、大阪初登場となる「華魚繚乱」は必見だ。

一方、秋に開催する金沢は水中アート展覧会として初めて公立美術館開催となり、10周年特別コラボレーションとして、画家・俳優の片岡鶴太郎との特別作品も展示される。

【開催概要】
■日本橋会場
『アートアクアリウム誕生10周年記念祭 ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム』
開催期間:2016年7月8日(金)〜2016年9月25日(日)
開催時間:11:00〜23:30(最終入場 23:00) アートアクアリウム(11:00〜19:00)/ナイトアクアリウム(19:00〜23:30)
会場:日本橋三井ホール
住所:東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F(エントランス4F)
入場料:当日料金 大人 1,000円、子供(小学生以下) 600円、3歳以下 無料
※価格は全て税込み。
※小学生以下保護者要同伴。
問い合わせ先:TEL 03-3270-2590 (7/7〜9/25 10:30〜20:00)

■大阪会場<終了>
『アートアクアリウム誕生10周年記念 アートアクアリウム展 〜大阪・金魚の艶〜&ナイトアクアリウム』
開催期間:2016年7月6日(水)〜2016年9月5日(月)
開催時間:日曜日〜金曜日 11:00〜21:00(最終入場 20:30)
会場:堂島リバーフォーラム
住所:大阪府大阪市福島区福島 1-1-17 ほたるまち
入場料:当日料金 一般(中学生以上)1,000 円、こども(4才〜小学生) 600円、3 歳以下 無料
※価格は全て税込み。
問い合わせ先:ハローダイヤル 050-5542-8600 (6/1〜9/5、8:00〜22:00)

■金沢会場
『アートアクアリウム誕生 10 周年記念祭 アートアクアリウム展〜金沢・金魚の密〜』
開催期間:2016年9月16日(金)から10月14日(金)
開催時間:
日曜日〜木曜日 10:00〜18:00(最終入場 17:30)
金曜日、土曜日 10:00〜20:00 (最終入場 19:30)
会場:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市広坂1-2-1 市民ギャラリーA
入場料:当日料金 大人 1,200円、子供(小学生以下) 600円、3 歳以下 無料
※価格は全て税込み。
問い合わせ先:TEL 076-269-8826