31日、中国鉄道トップは「中国鉄道の信頼性は間違いない」と、シンガポール・マレーシア間高速鉄道受注に強い意欲を示している。写真はシンガポール。

写真拡大

2016年5月31日、中国紙・時代週報によると、中国鉄道トップの盛光祖(ション・グアンズー)中国鉄路総公司総経理が、高速鉄道輸出について、投げ売りするような状況は避けなければならないとし、個人的な考えとして、政府の進める「一帯一路」構想と歩調を合わせて輸出していくべきだと話した。

23日、盛総経理自ら率いる訪問団がマレーシア入りし、24日のナジブ・ラザク首相との会見に先立ち、現地メディアの取材に応じた。盛総経理は「高速鉄道に最も必要なのは安全性だ」と指摘し、「中国鉄道の信頼性は間違いない」と述べ、国際鉄道連合(UIC)の認可も受けているとした。

現在、中国にとって最大のライバルは日本。東南アジアのある鉄道専門家は、日本と比べると中国は技術レベルに対して価格面で競争力があり、シンガポール・マレーシア間高速鉄道プロジェクトの受注争いでも優位に働くと見るが、日本とシンガポール、マレーシアの関係が深いことなど、不確定要素もあると指摘している。

中国国内の鉄道総延長は15年末現在12万1000キロ、高速鉄道だけでも1万9000キロに及び、世界全体の高速鉄道の60%以上を占める。国土の広さから、異なる地形や気候への対応も経験が豊富で、熱帯地域においても海南東環鉄道をすでに開業させていることから、条件の似たシンガポール・マレーシア間高速鉄道の建設についても問題ないと指摘されている。(翻訳・編集/岡田)