モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(54)が、故障するのではと心配されがちな中古の激安ベンツについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。先日取材の際、メルセデスベンツの新型SUV「GLC」に美熟女を乗せる機会があった。

 GLCは、CクラスをベースにしたSUV。Cクラスはかつて「小ベンツ」と言われた190Eを源に持ち、ベンツの中では小型の「はず」だが、その姿はまるでお相撲さんのように堂々と見える。

 それもそのはず、GLCの全幅は189cmもある。日本が誇る最高級セダン、レクサス・LSでも187.5cm。それより幅が広くて背もグンと高いのだから、デカく見えるのも当然だ。それでいてこのGLC、値段が驚くほど安い。たったの628万円から買えるのだ。

「フザケンナ! そんな高いクルマ買えるか!」

 諸兄の怒りの声が聞こえてきそうだ。ならば中古車しかあるまい。

「冗談じゃない! ベンツの中古車なんて故障するに決まってる!」

 世間一般のそういった思い込みは依然として強いようだ。が、私は断言する。「10年落ち以内の中古ベンツなら、95%ぐらいは大丈夫」だと。

 かつての悪徳ベンツ屋は、いまどうしているのかというと、意外と多くが生き残っている。そこで修業した営業マンたちも独立し店を構えているが、商売のやり方はかなり改めている。昔のようなオトリ商法(存在しないオトリの激安車を広告掲載して客を寄せ、高い他車を売りつける)やメーター巻き戻しなどの不正行為は、一発で炎上する。もうそんな商売はできないので、「意外とマジメにコツコツやってます」との内部証言を得ている。

 見た目に怪しい店は今でも多数存在する。昨年私が訪れた中古ベンツ専門店は、内装がまるで100円ショップ、店員は三代目Jソウルブラザーズ系だった。こんな店でベンツを買って大丈夫なのか? と思って当然だが、意外と大丈夫なのである。なぜなら、ここ10年以内のベンツは、劇的に故障しなくなっているからだ。

 2003年から2006年にかけて生産されたベンツは、無理な電子制御化を進めて故障が頻発し多くの悲劇を生んだが、現在の信頼性は「ほぼ国産車並み」。激安ベンツで美女と温泉ドライブを目指すのは、リスクの小さい勝負になっている。

 美女が好むベンツのSUVなら、2代目Mクラスがオススメだ。新車価格は800万円台だったが、現在は最安120万円から売られている。さすがに最安車はオススメしないが(笑)、7年落ち7万km以内で200万〜300万円のMクラスなら、かなり安心してベンツのブランド力と走りの迫力を味わえるはず。ただ、10年以上経ったクルマはリスクが大きくなるので注意されたし。

 人生最後の勝負を、中古ベンツに賭けてみてはいかがだろう?

※週刊ポスト2016年6月10日号