写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは6月1日、企業向けルータやイーサネットスイッチ、無線LAN機器で構成する国内企業向けネットワーク機器市場の2015年実績と予測を発表した。

2015年の国内企業向けネットワーク機器市場の成長率は前年比5.6%増加し、市場規模は2131億800万円となった。データセンター向けイーサネットスイッチ需要の増加や、企業における無線LANの継続的な利用拡大などが主な成長要因であるとIDCでは分析しており、企業向けイーサネットスイッチは同6.3%増、企業向け無線LAN機器は同9.3%増と比較的高い伸びを示した。また国内企業向けネットワーク機器市場のベンダーシェアは、シスコシステムズが3つの製品分野すべてにおいて首位を獲得し、同市場全体でのシェアは47.8%となった。

今後の国内企業向けネットワーク機器市場について、大きな成長は見込みにくいものの安定した市場であるとIDCは想定している。国内企業向けネットワーク機器市場全体の2015年〜2020年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は0.7%で、2020年の市場規模は2203億7800万円と予測。製品分野別でも、同期間の企業向けイーサネットスイッチ市場のCAGRは0.9%、同じく企業向けルータ市場はマイナス1.1%、企業向け無線LAN機器市場については2.3%の見通しとなっている。

国内企業向けネットワーク機器市場は全体的に低成長市場であるものの、局所的、限定的には成長領域が残されているという。例えば、IoTに代表されるようなPC、サーバ、ネットワーク機器以外のNon-ITデバイスのネットワーク接続の増加は、企業向けネットワーク機器市場の新たなけん引役として期待されている。

また、今後の企業向けイーサネットスイッチ市場の見通しとして「IoT向けソリューションの最初の一歩は、Non-ITデバイスのネットワーク接続に適した設定、運用管理機能の強化である。その際に最も留意すべき点は、イーサネットスイッチベンダーが想像する以上に設定機能を簡易にし、工事者や運用管理者の作業を極限までシンプルにすることである」とIDCではコメントしている。

(岩井 健太)