中国青年報社会調査センターと問巻網が合同で実施したアンケート調査の結果、親が子供に幼少時から英語を勉強させる根底には、勝ち組になるためにはスタートが肝心という考え方があることがわかった。

写真拡大

中国青年報社会調査センターと問巻網が合同で実施したアンケート調査によると、調査対象者2003人のうち、「就学前から英語を学び始める子供が周囲に多い」と答えた人は79.1%に上った。また、回答者の72.7%は、「多くの親が子供に幼少時から英語を勉強させる根底には、『勝ち組になるためにはスタートが肝心』という考え方がある」と答えた。幼児に英語を学習させることの是非については、「賛成」と「反対」がほぼ半数ずつを占めている。

▼「英語学習は明らかに低年齢化している」は58.3%
調査によると、回答者の58.3%は、「幼児英語学習のスタート時期は、ますます低年齢化している」との認識を示した。「低年齢化の傾向はあまり感じられない」とした人は35.8%、「低年齢化していない」と答えた人はわずか2.9%だった。

周囲が実践している就学前英語学習について、その費用は「年間1万元以下(1元は約16.9円)」が39.2%と最多で、以下、「1万1元から2万元(38.5%)」「2万1元から3万元(18.8%)」「3万1元から5万元(2.4%)」「5万元より上(1%)」が続いた。

西南大学教育学部の石隆偉・准教授は、「中国では、『子供をスタートラインから負けさせてはならない』と考える親がますます増えている。このため、時流に取り残されまいと躍起になり、さまざまな幼児クラスに子供を通わせる。それにより就学前教育市場は急速に拡大しているが、これは全くもって無意味な支出だ」との見方を示した。

▼幼児英語クラスに通わせる理由は「スタートで出遅れないため」が72.7%
就学前の子供に英語を学ばせて、一体どれほどの収穫があるのだろうか?「かなり収穫がある」と答えた回答者は18.1%、「まあまあ収穫がある」は56.5%、「収穫はほとんどない」は19.4%で、「収穫は全くない」と答えた人も1.4%いた。

親が就学前英語クラスに子供を通わせる理由については、「それによるメリットを考えているから」が72.7%を占めた。つまり、競争に優位となるからで、「スタートで出遅れない」ためだ。このほか、「幼少時に外国語能力を育てることは非常に効果的(53.2%)」「英語学習に対する子供の興味を高めることができる(47.2%)」「子供が将来、学校で英語の授業を受ける際に有利(41.7%)」「中学・高校・大学受験の準備として(30.9%)」「子供の言語面での素質を高めることができる(30.2%)」などが挙がった。

▼専門家の提案:「子供に幼児教育を施すときは、実情に応じて」
石准教授は、「先進諸国は、就学前教育について『観察すること・表現すること・実践すること』を学ぶための教育であると位置づけている。このため彼らは、子供が社交術や自然科学などを学ぶ早期教育を非常に重視しており、内容もバラエティに富んでいる。動物・植物・非生物・1年(四季)間の天体や気候の変化など、生活環境に深く結びついたことを子供に教えることで、子供の知的欲求や創造力を刺激し、科学に対する興味を培う。ここで提案したいのは、子供たちに多くの絵本を読ませ、彼らの想像力・理解力・探求欲を育てることだ。さまざまな幼児学習クラスについては、各家庭の実情に応じて行うべきで、個人的には、ほどほどに留めておく方が良いと考える」とアドバイスした。(提供/人民網日本語版・編集KM)